1

こんばんは、いとこです。昨年11月のことになりますが、イギリスからキャロン・クーパーさんが来日したときのイベントのレポをしたいと思います。

このイベントの後、キャロンさんの真似をして何度かおうちティータイム開催し、その様子もレポもしたいなと思いつつ、まずはそのベースとなったこのイベントのレポを先にしておかなくては!!

以前にも日本でスコーン作り教室やデモンストレーションをされた経験のあるキャロンさんですが、今回はキャロンさんの経営するコッツウォルズのB&B、Fosse Farmhouseが舞台になったアニメ「きんいろモザイク」の劇場版公開に合わせての来日ということで、きんモザファン向けの特別なイベントでした♪




11月のとある日、都内の会場に到着。
2

ユニオンジャックの目印がなければ分からないような、住宅街の中にひっそりと佇む立派なお宅の一部が、お料理教室などを開催できるレンタルスペースになっていて、こちらがこの日の会場になっていました。インターホンを押して中に入り、まるで個人宅でのパーティーにお邪魔させていただくような気分!ドキドキする〜!


会場内は、イギリス一色にデコレーションされていて可愛い〜。
3

きっとキャロンさんこだわりのアイテムばかりなのでしょうね♪Fosse Farmhouseで見かけたアイテムがあちこちに飾られ、これだけのものを日本まで運んでこられるのはかなり大変だったハズ!


キャロンさんお気に入りのフレッド君がいっぱい。
4

ご愛用のイギリスの小麦粉やベーキングパウダーまで揃っていて、日本でこんなに材料にこだわったスコーン作りを見たり食べたり体験できる機会はそう滅多にないのでは!?ありがたすぎて涙が出そうです。


はああ〜、まるでイギリスに来たみたい!
5

海外で開催のイベントのために、こういうこだわりアイテムを用意して運んで並べるのってすごく大変なことだと思うので、キャロンさんのおもてなしの心に本当に頭が下がる思いです。しかもこれを都内のみならず、高知や北九州でも開催していたのだからビックリ!


一人一人にユニオンジャックのナプキンが用意されているのも素敵です♪
6

牛さんのお顔のリーフレットは、私のバイブル、イギリス南西部 至福のクリームティーの旅にも載っている、IVYファームのリーフレット!これだけでもかなり嬉しい!


そのIVYファームのクロテッドクリームまで用意してくださっていて、ひえええええ!
7

こんな1リットル入りのクロテッドクリームなんて見たことないーーー!サマセット産のクロテッドクリームを日本で見かける機会なんてそもそもなく、あまりのレアさにクラクラ・・。


まさかフォスファームハウスで見た思い出の品々を日本で見られる日が来るとは・・。
8

クロテッドクリームも、ジャムも、ティーコジーも、何もかもが本場のもの。違うのはたぶん、材料の牛乳とバターぐらい?


愛用品に囲まれて、キャロンさんのスコーン作りのデモンストレーションの始まり。
9

あああ、あのお召しになっているエプロン!7月にいとこ夫とhrmちゃんと3人でスコーン作りレッスンをしたときに着たもの!ここは異次元のフォスファームなのではないか!?(発狂)


お気に入りのHomeprideの小麦粉について熱く語るキャロンさん。
10

日本とイギリスの粉は全然違うということで、もし日本の粉を使うときは、自然食品を扱うお店で売っているオーガニックのものが良いとのこと。ベーキングパウダーも日本のはビターなので、イギリスのものが入手できないときは、アメリカ産の方がまだ良いと思うとのこと。牛乳はジャージー牛のものが良いそうです。

なんだか淡々と書いてますが、私はキャロンさんの大大大ファンどころか、キャロンさんに憧れまくって崇拝している信者なので、7月以来の生キャロンさんにときめきまくり。アドレナリン大放出してます(笑)


キャロンさんのスコーン作りを間近で見られる貴重なチャンス!!
11

7月に教えてもらったときは、隣で作るだけで精一杯。キャロンさんの手つきまではじっくり見られなかったので、今回は血眼で観察。ギラギラ。

今まで自己流でスコーンを作っていたときは、カードを使って、小麦粉に冷たいバターをザクザクと力いっぱい混ぜ込んでいましたが、キャロンさん流の作り方を見ると、あれはずいぶん乱暴だったなあと。。。キャロンさんは、常温のバターを両手を使ってそれはもう何か大切なものに触れるかのように、そ〜っとソフトに優しく混ぜ込んでいくのです・・!


焼く前の生地は、形は割と不揃いで、粘り気も多め。
12

でもキャロンさん曰く、ホームメイドだから不揃いで良いのだそうで、確かにちょっといびつなぐらいのスコーンの方が素朴でスコーンらしくて私も好きです♪

スコーンを焼いている間に、


紅茶の入れ方のデモンストレーションも。
13

これはフォスファームハウスでのスコーン作り教室では体験できないうえに、イギリスの紅茶にまつわるエピソードや歴史も教えてもらえて、とても勉強になる内容でした。


イギリス人こだわりのスコーンの食べ方のレクチャーもあり。
14

イギリス国内でもジャムが先か、クリームが先か、常にこの話題は白熱しているようですが、キャロンさんは絶対ジャムファースト派。どうやらデボン州はクリームが先、他の地域はジャム先が多数派を占めるようなので、これについてフォスファームのレッスンのときに質問したところ、「デボンでは冷めたスコーンを出すからクリームが先でも溶けないけど、温かいスコーンだと溶けてしまうからジャムが先!」というようなことを熱弁されていました(笑)

スコーンはスコットランドの聖なる石に由来しているゆえ、真ん中で半分にするときにナイフを使うのはNGだと聞いたこともありますが、キャロンさんはナイフで半分にしていました。イギリスでもスコーンの食べ方については諸説あるようで、このあたりの議論も面白いなあと興味津々。ちなみにキャロンさんレシピのスコーンはとても柔らかく、ナイフがないとうまく半分にできないかもしれません。

デモンストレーションが終わり、スコーンが焼きあがる頃には、会場内にバターの香りが漂ってきて、食欲ソワソワ。


いよいよ焼きたてのスコーンが振舞われました〜!
15

粉もベーキングパウダーも英国産のもので作られた、めちゃくちゃレアなスコーン!


しかもジャムとクロテッドクリームもイギリス流にたっぷり。
16

イベント前、クロテッドクリームは中沢を使うのかな?イギリスより高価だからさすがに量は少なめになるのかな?などと思っていましたが、そこはさすがにイギリス人的に妥協はできないところなのでしょうかね。日本にいながらにして、本場と同じ量を用意していただけて大感激!

ジャムもフォスファームハウスのプラムツリーから採れたプラムで作った、自家製プラムジャム。


フォスファームハウスで売っていたこのジャムを持参してくださったのです!
17

大量生産はできず、毎年限られた数しか作られないというプラムジャム。こんな貴重で重たいものを運んで来てくださるなんて〜(嗚咽)


更に感動したのは、このティーコジー!
18


フォスファームハウス滞在中の朝食時にいつも一緒だった、このティーコジー!
19

君と日本で会える日が来るなんて・・(嗚咽)


この日は紅茶もスペシャル。

モーガンズ・ブルーというウェールズ産の紅茶が用意されていました。
20

羊好きのキャロンさんがウェールズのシープショーを見に行ったとき、偶然ここのオーナーと知り合ったそうで、日本で紅茶を販売したいオーナーと、日本とパイプのあるキャロンさんが出会ったのだそうです。

わざわざ↑のような日本語のプライスリストまで用意してくださったそうですが、もちろん中のお値段はイギリスポンド(笑)日本での入手方法、不明(笑)


この日使われたウェルシュ・アフタヌーンという茶葉のサンプルも。
21

たぶん日本では入手困難な紅茶もいただけて、とにかく全てがレア!


すっきりとした味わいの香り高い紅茶でした。
23

ミルクと合わせると、私にはちょっと薄い気がしたのは、普段濃い目のヨークシャーティーを飲みまくっているからなのか、ジャージー牛が濃すぎるのか・・?


たっぷりのプラムジャムと、クロテッドクリームを塗ったスコーンでクリームティー♪
24

美味しすぎて悶絶!!

日本の真っ白な小麦粉に比べると、茶色っぽくてサラサラしているHomeprideの小麦粉。見た目や手触りが違うと、当然ながらお味も全然違うんですよね。上手く説明できませんが、なんかこうイギリスで食べる味なのです・・!やっぱり粉って重要!

甘さ控えめのプラムジャムと、黄色くて濃厚なIVYファームのクロテッドクリームも素晴らしく、これも足りなくなればどんどん追加でお代わりを持ってきてくださるという至れり尽くせりさ。こんなに贅沢なクリームティー、アリエナイザーです!!


アニメにもよく似たものが出てくる、アンティークのフレッド君も何個も並べられていました。
22

イギリス旅行記にUPした画像に写っているとおり、帽子を取ると、打ち粉をフリフリできるようになっている便利なフレッド君。販売OKだったのでかなーーり欲しかったのですが、15000円という値札を見て躊躇。うーん、いつか手にできたなら!

参加者は「きんいろモザイク」のファンの方ばかりで、同じくきんモザを愛していらっしゃるキャロンさんと一緒に過ごすひとときは、ひたすらきんモザ愛に包まれていて幸せ♪聖地巡礼でFosse Farmhouseに行かれた方もたくさんいて、思い出話を語ったり、本当に楽しいティータイムでした。


同時に、絶対またこの素敵なフォスファームハウスに帰ろう!と強く決意。
25

親日家でアニメファンもウェルカムで、誰にでもフレンドリーで底抜けに明るいキャロンさんがオーナーのB&Bは、コッツウォルズの美しさも加わって、本当に天国みたいなところです。予約は英語のメールのみというのがちょっとハードル高いのですが、宿泊希望日や人数等を書いた簡単なメールでよいそうなので、イギリスに行かれるときは是非!超超オススメのお宿です♪

キャロンさんのイベントレポはもうちょっと続きます〜。