1

ご無沙汰しております、いとこです。ブチブチ頻繁に更新が途絶えるブログですが、もしまだ見にきて下さっている方がいてくれたら嬉しいです。不定期更新ですみません💦

途絶えている間、色々な出来事があり、自分自身にも色々な変化や成長があり、海外旅行ってやっぱりいいなと思えるようになってきたので、また心機一転、旅行記を書いていこうと思います。何回心機一転するんだよ!と思われるかもしれませんが(私も思います笑)、山の天気より変わりやすい気分屋ということで、何卒ご容赦いただけたら幸いです😅

前回は、ユーリ聖地巡礼ロシア旅行記の最後にロシアジャージ編をお送りすると書き残して消息が途絶えたかと思いますが、レシートの捜索が困難&記憶が怪しすぎるので、こちらはすみませんがパスさせていただきたいと思います。とりあえず、モスクワ市内グム百貨店のBOSCO店員さん曰く、「ソチモデル(ヴィクトル着用)のウエアはもうアウトレットにしかないよ」とのことで、アウトレットを教えてもらってUberで買いに行ったとだけ記しておきます!遠かった!

ということで、マイコさんと2人で旅した2017年4月ロシア旅行記を詳しくレポすることにして、まずは成田空港デルタ航空サテライトラウンジ編からお送りしたいと思います〜。





やって来ました、成田空港ターミナル1。
2

マイコさんとはアエロフロートのカウンター近くで、かなり早い時間に待ち合わせをしました。4月のロシアは持参する服装に困り、結局荷物が多くなりましたね〜💦


アエロフロートのカウンターは9時オープンでした。
3

日系エアラインばかり乗っていると、国内のチェックインカウンターはいつでも開いてる感覚になってしまいますが、これを忘れて早めにラウンジ行って免税店行くぜ〜と張り切って空港に行くと、チェックインできずに待ちぼうけ・・ということになるので要注意。(経験あり笑)

このときはアエロフロートのビジネスクラスが19万円台と格安だったので、ヴィクトルが乗ったエアラインだし!超聖地!ということで、アエロフロートの格安ビジありきの旅だったような気が(笑)


ロシアルーブルへの両替なんて初めて!ドキドキする〜!
4

こういうの新鮮でたまりませんです。


出国したら、デルタ航空のラウンジにお邪魔させていただきました。 5

アエロフロート航空の自社ラウンジは成田にはないので、同じスカイチームのデルタのラウンジを利用させていただけるそうな。


とても広々していて、午前中のこの時間帯は空いててゆったりとした空気が流れていました。
6


壁に掲げられた昭和ちっくな看板が気になるの巻(笑)
7

夫が好きそうなので写真撮ってきました(笑)


フードはヨーグルトや丸ごとバナナが。
8

タカナシのヨーグルトがあったので、シャワー浴びたら食べようと思っていたら無くなっていた悲劇😭


スティック野菜。
9


パン数種。
10


ベーグルのお供にクリームチーズがあるのが良いですね🎵
13


後ろにはドリンクバーも。
11


朝食の時間帯は、フレンチトーストやワッフル、
12


オニオンスープ、
14


お粥などがありました。
15

思っていたより充実のフード。お楽しみのアエロフロート機内食のために胃袋を開けておきたいので、ちょっと控えめにいただこうかなと。


シャワー後、ブルガリアヨーグルトとパンをいただきました。
16

ランチタイムに入ってたのでしょうかね、ちゃっかり炒飯も食べてます(笑)


シャワールームもレポしておこうと思います。
17

画像には写ってないのですが、入り口の扉が、下のあたりに通風孔があるタイプ(内側からは外が見える)だった記憶で、外や他のシャワー室の音が筒抜け😅とても落ち着かなかったのをよく覚えていますが、モスクワで乗り継いでサンクトペテルブルクに着くまでには時間がかかるので、出発前にさっぱりできたのはとてもありがたかったです。


シャンプー、コンディショナー、ボディーソープ?
18

アメニティ的なものはこれのみなので、女性は持参品があった方がよいと思います。


トイレも洗面台も使える広々個室でした。 19


そしていよいよモスクワ行き(モスクワ経由、最終目的地ローマ)のSU265便のゲートへ。
20

いよいよ!お楽しみのアエロフロートのビジ!ヴィクトルを待たせるほどのアエロフロート!遅延も覚悟(ご褒美?)でしたが、今回の旅は全てのフライトが定刻どおり、良い意味で期待を裏切られました(笑)


マッカチンもアエロフロートの機体を眺めているよ〜 21

旅行のみならず、聖地巡礼やwithマッカチン画像の撮影にまで付き合ってくださった優しいマイコさん、本当にありがとうございました❤️

お次は、アエロフロートビジネスクラスの機内をレポしたいと思います。