1

こんばんは、いとこです。かなり久しぶりの更新にも関わらず、ロシア旅行記を見てくださった方がいてくださり、まだとても嬉しく思います。どうもありがとうございます!まだレポしていない海外旅行が溜まってしまったので、引き続き更新頑張ります〜!

マイコさんとの女子二人ロシア旅。サンクトペテルブルクとモスクワの2都市を巡る旅で、お互いにロシアは初めて。全く勝手が分かっていませんが(笑)二人だと心強い!サンクトまでは長旅となりましたが、話相手がいると待ち時間もあっという間ですね🎵

さて、楽しみだった憧れのアエロフロートのビジネスクラス。ヴィクトル御用達エアラインのビジネスクラス。もはやこの旅のハイライトがここと言っても過言ではないぐらい(笑)。アエロフロートのビジは、お値段の割に本当にレベルが高くて感動!大満足のフライトになりました〜。(往路はね笑)





初旅行なのに自由を好む我々は、飛行機とホテルをそれぞれ手配する個人旅行一択。

航空券はアエロフロートの公式サイトでビジネスクラスが19万円台の日程を探して予約しようとしたのですが、サンクトへの乗り継ぎ便が不便な時間帯しか選択できず。

試しにJTBの海外航空券で検索してみたところ、公式サイトと同じお値段で便利な乗り継ぎ便を選べたので、今回はJTBで航空券を購入しました。座席指定も出来て便利!

ワクワクしながらモスクワ行きの機内へ〜。


ビジネスクラスのシートはこんな感じで、2-2-2の配置。
2


一人旅ならスタッガード的なお一人様シートが気楽ですが、二人旅なら並び席が楽しく🎵
3


オレンジ色がアエロフロートっぽくていいな〜。
4

ほぼ真横になってお布団をかぶって寝ることができて、モスクワまで超ラクチン。ありがたや〜。


シートピッチはこんな感じで広々!前のシートが遠い!シートポケット届かない!
5

前のシートが遠いということは、自分の後ろのシートも遠いということで、後ろからの話し声が気になってしまう私には嬉しい限り。

しかーし!てっきり帰りもこれと同じシートで帰れるものと思っていたのですが・・・・・

こちら、モスクワ→成田のシート。
6

どうやら機材が違ったらしく、シートピッチがまさかの半分!後ろの人はすぐ近くだし、往路のゆったりさとは天と地ほどの差が・・。実は先日、アエロフロートのエコノミーでロシア一人旅に行ってきたのですが、このシートのビジだったらおらエコで十分だ。。


離陸前にスリッパとアメニティポーチが配布されました。
7


アメニティはフェラガモ。
8


中身はアイマスク、歯磨き、くし、ハンドクリームなどなど。
9

アエロフロートファンとしては、ロゴ入りのくしが一番嬉しかったり(笑)


フェラガモのハンドクリームやリップクリームも嬉しいかも。
10

乾燥した機内で早速活用させていただきました〜。


マイコさんと二人で首をかしげていた、この薄い布。
11

どこに使うんだろう?お布団と体の間に挟むのかな?などと話していましたが、ビジに乗り慣れてる感じの隣のロシア人と思しき男性がシーツにして寝ているのを見て、そうかシーツなのかと。


背もたれの近くにUSBポートがあり、スマホ充電OK。
12


コントローラーはよく見るタイプのもの。
13


機内エンタメは全く見ず、ずっとユーリを観てました(笑)
14

これから訪れる聖地がいっぱい〜!予習に最高〜!きっと感動もひとしお〜!


こちらはシートを動かすコントローラー。
15

普通に使いこなせそうに見えますが、ボタンを押しても意図していない部位が動き始めて、え!?!?

あちこち押してみて分かったのですが、どうやらコントローラーの座席のイラストが、私が思ってた向きとは違っていたようです(笑)。さて、どっちが背中でどっちが足だと思います?私は忘れました(笑)


機内誌オーロラは必読!
16

以前、ロシア料理店で入手されたぴのこねえさまがわざわざ郵送してくださったのが初めてオーロラを見る機会となったのですが、情報量の多さと充実度に驚き!ロシアの情報ってそう多くはないので、ロシアの航空会社の、しかも最新情報を日本語で知ることができる機内誌はとても貴重かと。

ちなみに先日ロシア大使館にビザの申請にいったとき、大使館にもたくさんオーロラが置いてありました。さすが!


こういう豆知識たまらんですよね。
17


ちょっと欲しかった・・!
18


これから買うぜ〜と意気込んでいたスタバのロシアタンブラーも載っててウホ。
19

モスクワ・シェレメチェボ空港のおすすめお茶スポットまで載ってるなんて!こんな情報がGETできるのはきっとオーロラだけに違いナイ。


ウェルカムドリンクのオレンジジュースをいただいて、いざロシアへ向けて離陸!
20

アエロフロートのロゴ入りグラスが欲しいぐらい素敵・・。きっとヴィク様もこのグラスでいつもウェルカムドリンク飲んでるんだろうなあ〜。

日本人乗務員はいないようでしたが、ロシア人のCAさんは噂で聞くような無愛想とは無縁、スマイルあり、サービスもスピーディーで的確、個人的にトラウマがある某国のエアラインよりはるかに素晴らしいクォリティでした。アエロフロートがおそロシアというのは、もう昔の話なのでは!?というのが乗ってみた感想です。

お次は、これまた素晴らしかった機内食編をお送りします。