1

2017年6月のイギリス旅行。最初の滞在地はロンドン。ロンドンと言えばホテルが高い!どこもかしこも高い!ポンドも高い!

予算が許すなら、前年に泊まったTajホテルにまた泊まりたかったのですが、今回は高くて全然無理!ということで、立地とコスパを予算内で天秤にかけまくり、「エイペックス・シティ・オブ・ロンドン」というホテルに決定。

ロンドン市内や地方都市にもあるチェーンホテルらしく、都会的な雰囲気と機能的な客室が魅力的だなだなと。しかも、私はロンドン塔を、夫は金融街を見たかったので、ロケーション的にも理想的。アップグレードされた客室はまさかのテラス付きで、めちゃ快適なロンドン滞在になったのでした。エイペックス様、なんていいホテルなの!!



別便で後からロンドン入りする夫とはホテルで合流することにして、

私はお先にヒースローエクスプレスでパディントン駅に到着。
2

あああああ、イギリスだ〜!イギリスを感じる〜!

パディントン駅周辺は人も車も混み合っていて、自分が呼んだUberを探すのがちょっと大変でしたが、なんとか運転手さんと合流できて一安心。


ホテルまでの道のりはこんな感じ。
3

途中、渋滞してて結構時間がかかりました。


APEX CITY OF LONDONのエントランスはこんな感じでスーパー地味系!
4

どこかのオフィスの入り口みたいなので、Uberの運転手さんも通過してしまい、バックで少し戻ってもらったぐらいです笑。ボーっとしてると絶対に見落とすやつ!

今回予約してきたのは、ルームアップグレード確約&コンチネンタルブレックファスト付きのプランで、1泊あたり223ポンド。日本円にすると3万円超えで、それでも結構高かった・・!

アップグレードはたぶん1カテゴリ上だろうなと予想して、公式サイトの客室一覧を吟味した結果、デラックスルーム狙いでスーペリアルームを予約してきました。この予想が大当たり!エレベーターに乗ったら、お部屋のある7階は最上階であることが判明!ワーイ。


とても薄暗い廊下と、部屋番号のライトが独特の雰囲気を演出。廊下はとても蒸し暑い。
5


フロアマップはこんな感じで、私のお部屋は右下にある嬉しい角部屋!
6


ドアを開けると、窓がたくさんあって明るいし、何やらすごく広い!
7


8

ベッド脇の窓を開けると、そこにはテラスがあり、



なんという開放感!
9

ハローーー、ロンドンーーー!


しかも贅沢なタワーブリッジビューではありませんか!
10

200ポンド代でこの広さとこのテラスはあり得ないのではないかと・・!アップグレード特典すごい!


テラスは植木で仕切られていますが、並びのお部屋と共用みたいな感じ。
11

たまにバッティングするとちょっと気まずい&テラスは喫煙可なので、たばこを吸う人が来ると室内に避難必須でした。


こういう感じって、不思議と我が家みたいな感じがして居心地が良いんですよね🎵
12

まるでロンドンに暮らしているような気分ー!


お部屋に戻り、ベッドは大きめのゆったりサイズ。
13

角部屋の角に位置しているので、隣のお部屋の音が気になることもなく、夜はぐっすり爆睡。よく眠れるベッドでした。


ベッド脇のクローゼットには、湯沸かしポットとティーセットが。
14

紅茶文化のイギリス。どこへ行っても湯沸かしポットがあるのは何かと便利。フリーズドライ持参すると最強・笑


持参品を冷やせる冷蔵庫があるのもありがたく。
15

空港で買ったM&Sのスコーンを早速冷やしてます。


バスローブとスリッパなど、かゆいところに手が届くアメニティの数々。
16


ベッドから正面を見るとテレビが。
17

右のデッドスペースに椅子がありますが、そこに座ることはなかったかな・・。もし夜中に私がそこに座っているときに夫が目を覚ましたりしたら、絶叫されるに違いないような薄暗いデッドスペースです笑。


デスクは広々機能的、パソコン持参でお仕事をする夫も満足。 18


充電もたくさんできます〜。
19


無料のお水は、スパークリングとスティルの2種類。気が利いてる!
20


バスルームの扉を開けると、左手にシャワーブースが。
21


嬉しいハンドシャワー!
22


なぜかシンクはかなり小さくて、物を置くスペースもちょっと手狭。
23


でも、タオルはいちいちオシャレにディスプレイされているんですよね🎵
24


BAに続き、アメニティはELEMIS。
25

愛用品持参で使ってないため、使用感は不明なり。


そして嬉しいバスタブ🎵
26

前の年のイギリス&オーストリア旅行では、バスタブ無しの日々が続くと顔の毛穴が超詰まる!ということが発覚したので、バスタブはやっぱりありがたく。ここから先の旅でもバスタブがある保証はないので、ロンドンにいるうちにいっぱい毛穴開かせな!

ちなみにお湯はざっぱーんと溢れてしまう構造なので、なみなみお湯を張って肩まで浸かることはできなかったような。


首の曲がったAPEXアヒル君。
27

試しにバスタブに浮かべてみましたが、かたむいて沈みそうでした。。


夜のテラスからの景色もとびきり素敵でウットリ。
28

タワーブリッジを近くまで見に行かなくてもいいねーと、ひきこもり率がアップ笑


我が家の明かりもなんだかあたたかいぬくもりを感じます🎵(我が家ちゃう)
29

中はモダンなのに外は煉瓦造りというギャップ萌え。ここに住みたい。

こんな感じのお部屋にチェックインして一人キャッキャした後、お風呂に入ってすっきりさっぱり。やっとこイミグレを通過した夫からヒースローを出発すると連絡がきたのですが、夫はヒースローからUberで直接ホテルまで来ることにしたそうで。


夫からUberの所要時間と予算のスクショが送られてきました。
30

夫→ヒースローからホテルまでUber直で約1時間半、お値段£31-38
私→ヒースローエクスプレス£22+パディントンからUber£16.48=£38.48

しかも私、パディントンからホテルまで40分もかかったんですよね。それなら£31-38で空港からホテルまでUberに1時間半乗ったままの方がいいに決まってる〜!

地味なホテルのエントランスを通過してしまわぬよう、エントランスで夫が乗ったUberを出迎えたら、やっと夫婦が揃いました。初めてのAPEXがいいホテルで良かった〜。