1

サンクトペテルブルクからこんばんは、いとこどす。二日目の現地レポをお送りいたします〜。

今回、出発前にバタバタしたこともあって、全くのノープラン、下調べもゼロでやってきたので、とりあえず白夜の夢遊病から目覚めた朝、朝ごはんを食べながら予定を考えることにして、まずはホテルの朝食会場へゴー!



こじんまりとした姫ホテルの魅力は、どこへ行くにもアクセス抜群なところ!お部屋から30秒で外に出られるのも魅力ならば、朝食会場も階段でサクっと30秒でアクセス可。ラクチン過ぎて最高です。


前回と同じ窓際のテーブルでロシアンブレックファストをエンジョイ。
2

・・・ただ、前回より日差しがキツイ。なんか暑そうだなあ、体力持つかなあと考えながら、スィルニキ、ビーツ、黒パンを朝からモリモリ。あれ、夜中に夢遊病でチョコ食べたんだっけ笑


週末は朝食ビュッフェにチーズケーキが並ぶ姫ホテル。
3

素敵〜!お味は日本にはないタイプのチーズのお味でいっぱい。さっぱりとしたロシア味のレアチーズでした。

姫ホテル朝食を満喫したら、お部屋に戻ってぐだぐだ。だって外の日差しがどう見ても暑そうで、日焼けしそうだし、体力奪われそうだしで、なかなか外出する気になれないんだもん・・。結局お昼過ぎになってからようやく外出。


外あちーーー!ついでに混んでるーー!
4

今まで見たことないネフスキー大通りの混雑っぷりに、観光シーズンの凄さを実感。↑ワールドカップの旗もあちこちにあって、盛り上がってるようです〜。


いよいよエルミタージュ美術館が見えてくるわ!
5

・・前の方の頭に気を取られてはなりませぬ。


お久しぶりのエルミタージュ!
6

このスケールは生で見ないとなかなか実感するのは難しいかもしれませんが、美しさと広大さにただただ圧倒されます。


あら、馬車のお出迎えかしら?舞踏会?シンデレラ?
7

ちなみに美術オンチは一度見学したらもう満腹につき、エルミタージュ美術館には入りません笑。っていうか、入場待ちの行列がすごいことになっているのを見て、何もかもが無理でした。。


ということで、エルミタージュ後ろのネヴァ川にあるボート乗り場にフラフラやってきました。
8

以前、ユーリのダスビダーニャ橋を船でくぐるのは、ここから出るペテルゴフ行きの船だと教えていただいたので、それっぽい乗り場を探してチケットを購入。帰りの乗船時間を聞かれて適当に16:00にしておきましたが、これが長すぎた、そんなにいらなかった。

そして高速船がいよいよ出発。出発して割とすぐに私の目的地は見えてくるハズなので、すごーく狭い甲板でベストポジションをキープ。


右手にヴィクトル達が所属しているチムピオーンスポーツクラブ、正面に例の橋が見えてきた!
10


角度違うけど、このシーンです!!
9


ついに、あのダスビダーニャ橋が近付いてきた〜!
11


あの丸いところ、最終回の最後に二人が立ってたとこ!!
12


勇利くんとマッカチンが走ってた場所をやっとこのアングルで見ることができたあああああ!
13


このシーンですよおおおお涙!
14

船が想像以上のスピードだったので、通過したのはほんの一瞬。あっという間の出来事でしたが、入水アングルから橋を見てみたいという聖地巡礼の夢が一つ叶いました!これにて私の高速船の目的は終わってしまいましたが、せっかくなのでペテルゴフ(夏の庭園)までちょっくら行ってきます。


橋を過ぎて少しすると、サッカーワールドカップのサンクトペテルブルクの会場が。
15

隣にあるドバイタワーみたいなのが気になりますが、サンクトペテルブルクスタジアム、カニみたいでカッコイイ!

そして船はペテルゴフに到着。何も調べずに来たので、下船した人は皆チケット売り場へ連行され、並んでチケットを買わないと中へ入れないという鬼仕様に唖然。炎天下で並んでチケット買うの辛い〜。


自然豊かなペテルゴフ。
16

都会の喧騒を離れて自然の中でのんびり・・・なんてわけにはいかず、


横を見ればこの人混み!
17

いやー、観光シーズンの土曜日だからですかね、凄まじい混雑度です。歩くのもやっと。しかも日差しギラギラ、売店は長蛇の列、なんかもうプチ熱中症になって早くもバテてきた体力無し子。


でも、せっかくなので噂の噴水をパチパチ。
18


ピョートル大帝が建てた夏の離宮、さすがに優雅で美しい。
19


ちょっとシェーンブルン宮殿をを思い出したのですが、ベルサイユ宮殿の影響を受けているのだとか。
20


ペテルゴフ噴水の虹🎵
21

宮殿内部に入るのに長蛇の列ができていたので、即諦めて早めの船に変更してもらい、さくさく市内に帰ることにしたのですが、吹きっさらしの桟橋は冷たい風が吹き荒れていて、プチ熱中症からの急速冷却がしんどい。鬼仕様。。。

そんなわけで帰りの船ではぐったりしていたのですが、ワイワイ賑やかだった往路とは対照的に、周りもみんなぐったり、船内はシーンと静まり返っていました。そりゃあの暑さと混雑じゃ、みんなお疲れよね。。でも一度はこの目で見ることができてよかったペテルゴフ!


エルミタージュに戻ると、夜のライブに向けて何やら規制されていました。
22

エルミタージュの広場でコンサートなんて素敵〜🎵体力ないから無理だけど笑


そうそうこの建物、右と左で違うのわかります?
23


工事中の右側は、なんと外壁が布・笑
24

近付くまで気付かなくて、すっかり騙されました〜。すごいクォリティ!

ペテルゴフに行ってきただけなのに、日焼けと潮風でベタベタということもあって、もはや体力の限界。たぶん夕食に出かけるのは無理だろうということで、ホテルに帰る前に夕食を調達して行くことにして、大好きなパイのお店「シュトーレ」へ!


あああああ、このパイよ!これが食べたかったのよおおおお!
25

甘いパイばかり2つほどお持ち帰りしてホクホク。


カザン聖堂と鳩のお尻。
26

最近は着ぐるみよりも鳩を使った観光客向けのパフォーマンスが流行ってる模様。鳩可愛くてついそそられるけどあかんあかん。ぼられるのイヤ。


最後はスタバに寄って、アイスカフェモカをゲット。
27

アメリカ同様、ロシアも受け取り用にレジで名前を聞かれるスタイル。前に並んでいたアジア系の女性は名前を言っても通じず、マジックを手にとって自分でカップに名前を書いていましたが、私はそれすら面倒なので、通じやすそうなテキトウな名前を考えて、浮かんだのが「メアリー」笑

カップにはたぶんメリって書かれているのでたぶん通じた&話は早かったのでよかったのかなと。でも、次はイリーナとかにしたほうがもっと分かりやすいかなあ。イリーナって顔じゃないけど・笑(メアリーって顔でもない)


そしてお部屋で食べたシュトーレのスウィートチーズパイ。
no title

激ウマーーーーーー!めっちゃズッシリ来ますが、最高に美味しいロシアのパイ。たまりませんです。

こうして現地レポ書いたりしていたら、疲れて20時頃に寝落ち、白夜の眩しさで途中何度も目がさめるも、結局朝まで爆睡。やっぱり日光浴びたときの疲れって独特ですね。おかげで夢遊病になることもなくよく眠れましたが(チョコは棚の奥に隠した笑)、なんだか半分起きてたような感じもして、白夜って奇妙だわ。。。

ほいではまた明日!ダスビダーニャ!