1

こんにちは、いとこです。今日は滞在も後半になり、疲労の蓄積がやばくなってきたので、お宿でのんびりDAYにしようと思ってるところです。ということで、お部屋でゴロゴロしながら現地レポの続きを書きたいと思います。

湖水地方、ウィンダミアで迎えた朝。世界一おいしい朝食が待っていると思うとウズウズ。お宿の飼い猫、アンバーさんに会えるかもと思うと更にウズウズ。湖水地方を満喫するぞー!



カーテンを開けると、この日の朝も快晴!いい天気!
2

この後、晴れ女はまた脳天がジリジリ焼け焦げることになるのですが、、本当にお天気には恵まれています。

着替えて下のフロアに降りたら、早速アンバーさんを捜索。アンバーさんどこー?どこにいるのーー?二カ所あるラウンジを両方見に行ってみたところ、


・・あれ?
3

・・・・犬?

アンバーさん不在、なぜかニューフェイスのワンコさんが登場していました。首輪をしていないので、お宿の犬なのか野良が入り込んでいるのかはよく分からないのですが笑、動物とのふれあいに飢えていたからワンコに会えて嬉しい。またあとでね!


ということで、ダイニングで朝食をいただきます。
1

個人的にLindeth Fell Country Houseの朝食は世界一!めっちゃおいしくて雰囲気も抜群!絶対世界一!だと思ってます!


なんといっても、このオレンジマーマレード!
4

ミセスケネディの自家製マーマレードは賞も受賞しているそうな。二年前にこのマーマレードを食べてからマーマレードの虜になり、数々のマーマレードを試してきましたが、このマーマレードに勝るものには出会えず。たっぷりの果肉と甘さの中にほんのりビターな風味が混ざっていてとびきりおいしいんですよね。まさに極上マーマレード!

こんなおいしいマーマレードが、小皿にたっぷり盛られて各テーブルにあらかじめ置かれていて、これがなかなか食べ切るのは難しいほどの量。残ったらもったいない〜!小さな瓶詰めとか、もっと少量でもいいのにとつい思ってしまう貧乏性なのですが、自慢の自家製マーマレードをたっぷりと振舞ってくれるのもこのB&Bの魅力なのかも。


残したらもったいないから、トーストにこれでもか〜とたっぷり乗せてイタダキマス。
5

悶絶・・!うまい、うますぎる!(十万石のCM風に)

人生の最後に食べるものはこれがいい・・というぐらいおいしい。はあ、幸せ。。。ちなみに瓶入りマーマレードの販売もしているので、今回はしっかり購入してきました!これで日本でもあの味が!


選べるメインは、マッシュルームオムレツを。
6

こちらも絶品。塩胡椒でしっかり味付けしてソテーされたマッシュルームが、卵のやさしいお味と超マッチ。はあ、幸せ。。。


窓からはこのナイスビュー。
7

紅茶もおいしいし、もう言うことなし、パーフェクトなブレックファースト。これを食べるためだけにウィンダミアまで行きたいぐらい!

お部屋で準備をしてお出かけしようと外に出ると、


すっかり懐いたイヌオがじゃれてきました。
8

モミオ(モミの木)、シバオ(芝生)、カバオ(白樺)、シマトネリオ(シマトネリコ)、レキオ(レッキス)など、愛するものには最後にオがついた名前をつけるのが我が家の伝統なので、この子も今日からイヌオです。ちなみに猫のアンバーさんにはこの日も会えず涙。


死んだように寝てるイヌオにバイバイして、車でおでかけに出発。
9

まず向かうのは、ピーターラビットの著者ビアトリクス・ポターの生家があるニア・ソーリー。湖水地方はどこも美しい風景ですが、やっぱりあの場所でピーターの物語が生まれたと思うと、ニア・ソーリーの風景は特別だと思うのです。


お宿からは、細長いウィンダミア湖を挟んで対岸にあるので、移動は結構時間がかかる。
31

真ん中をフェリーで車ごと突っ切るルートもあるようですが、めんどくさそうなので一度も経験なし笑。左回りルートでニアソーリー村を目指します!


途中から超田舎道になって、対向車来たらどうしようかハラハラするスリルドライブ笑
33

今回は鉢合わせしなくてラッキーでした。ついでに美しい景色をたっぷり堪能できて、心はもうピーターラビット(ヤクザ映画の方)の世界にどっぷり。


きっとピーターはこのあたりをピョンピョンしていたに違いないわ。
11


ビアトリクス・ポター生家の駐車場からちょっと坂道を登ったところにあるこの場所、
10

2年前の記事にも書いたかと思いますが、ここは大好きなアニメ「人類は衰退しました」のOPに出てくる聖地でもある、いとこ夫婦にとって特別な場所!


このシーンと、
34

同じ角度でパチリ。
12

偶然写真を撮ってたら、あとから同じだったことに気付いたパターンなのですが、木の位置とかまで同じで鳥肌モノ。ちなみにこのアニメ、一見可愛らしい感じに見えますが、かなりシュールだったりする奥の深い内容で面白く、とてもオススメです笑

大抵はこの辺りで坂道を引き返すのですが、夫がこの先に向かう人がたくさんいるってことは何かあるに違いない、調べてみよう、小さい湖があるらしい、行ってみよう言うので、私そういう装備じゃないんだけど〜と言いつつもお供することに。


石だらけの坂道をひたすら登り続け、、歩きにくいし暑い、、
13

しんどいけど、途中誰もいない野原や丘を見ながら歩くのは結構楽しくて、今となってはいい思い出。


30分ぐらい登って、やっとたどり着いたなんとか湖!
14

なんだっけ、モスバーガーみたいな名前の湖だったような気がする・・。


気になったので調べてみた、モス・エクルズ・ターンだそうです!
36

ちなみにニアソーリーから徒歩19分は、かなりの健脚の場合かと!うちは30分!


だめ装備だった私は何度も足をぐきぐきして転びかけ、最終的にはサンダル壊れた&爪かけて帰ってきました笑。装備大事。
15


下山のとき、にわか雨に少し降られたのと疲れたのとで、Sawrey House Hotelのレストランで一休みすることに。

16


ここぞとばかりにクリームティーをオーダー。
17

ここのスコーンは今回の旅で一番巨大でした!

白っぽい粉がたまらなくツボで、これだけ大きいと中まで火を通すのは難しいのか、真ん中がちょっぴり生焼けだったのだけが残念でしたが、とっても美味しくて大好きなタイプのスコーン。ただ、お代わりをお願いしないと、ジャムもクロテッドクリームも全然足りません笑

しばし休憩したあとは、細長いウィンダミア湖の先端にあるAmblesideという街へ移動。映画版ピーターラビットのロケ地について調べてみると、


このような情報が結構たくさんあって、とても参考になる!

21


Amblesideにトーマスのおもちゃ屋さんがあるらしいという情報を頼りに行ってみた結果、


すぐに見つかった!まさにここ!!
19

こちら往路のアエロフロート機内でパチリしておいたそのシーン。
18

背後の小高い丘、青い縁取りが特徴的なお家など、看板を変えた程度であとはそのまま!ピーターの聖地!!


しかも、聖地もおもちゃ屋さんなのだから感動的。
20


双眼鏡を売ってるのがさすがだなと笑
22

ピーターラビット聖地巡礼者のツボをよく分かっていらっしゃる・・!

せっかくなので、このアンブルサイドの街でご飯も食べていくことにして、ちょっと検索したときに気になった私好みのお店、The Apple Pieへ。

絵本に出てきそうなキュートなショーケース🎵
23


甘いパイから
24


しょっぱい食事系パイまで、パイがいっぱい!
25

パイ好きには鼻血モノの品揃え!


お持ち帰りの他、広々したカフェスペースもあり、ゆっくりすることも可。
26


心の赴くままにオーダーしてみた笑
27

パンがおいしいから、サンドイッチがすごくおいしい!さすがお店でパンから焼いてるベーカリー!


シグネチャーアップルパイは、甘くないホイップクリームたっぷり添えでご登場。
28

うみゃあああああああああああああああああ!!

あまり甘くないアップルパイが年老いた胃袋には程よくて、熱々のとろけるりんごの食感と酸味が絶妙。そこに甘くないクリームを加えると、お口の中で全部がとろけてしまう!おいしすぎるー!

ああ、今ならホールでも食べられるのに・・。店名にもなっているアップルパイ、さすがのお味でした。なんて素晴らしいお店なの!

いとこ夫も巨大エクレアと、巨大コーニッシュパイに大満足、おいしいものを食べれて、ピーターの聖地にも行けて、アンブルサイド最高の街だったね!と、ご機嫌でB&Bに帰還。やっぱりアンバーさんは不在でしたが、


イヌオが帰りを待っててくれました。
29

イヌオ〜、ありがとう〜涙

結局探してもアンバーさんには出会えず、夜遅くまでラウンジでコーヒーを飲んだりして見張っていたのですが、ミセスケネディに聞いてみたところ、アンバーはもうベッドに行った、今日はもう会えない、明日は何時に起きるか分からないとのことでガーーーーン!

もう明日にはチェックアウトなので、明朝がアンバーさんに会えるラストチャンス涙。明日は朝から張り込むしかないべな。。。


こうしてウィンダミア湖の日没を眺めながら充実の一日が終了。
30

明日こそアンバーさんに会えますように!と祈りながら、眠りについたのでした。

ではではまた!