1

こんばんは。今は朝から晩まで修行真っ只中ですが、寝る前のこのひとときに現地レポの続きを書けたらなと思います。

リーズ城のB&Bに宿泊した翌朝。前日は長距離移動に疲れて何も出来なかったので、この日はたっぷりリーズ城を満喫したい!ということで、朝は目覚ましよりも先に騒ぎ始めたクジャク太郎に起こされたこともあり、、朝から一日がスタートしました。リーズ城って想像以上にこじんまりとしてて可愛らしい!



朝食は、キャッスルビューレストランでビュッフェ&オーダー式のメインをいただきます。
2


宿泊者だけが楽しめる、朝のリーズ城ビュー。
3

やっぱり湖水地方のお宿で世界一の朝食を食べた直後だったこともあって、まあ普通かなという感じでしたが、イギリスの薄いカリカリのトーストとマーマレード、それにミルクティーを楽しめればそれだけで幸せ。

早速、お城方面に散策に行くと、


カルガモの赤子が私をママと間違えてついてきた!!
4

うきょーーー!きゃわいいいいいいいい!でもすぐに、やべ、間違えたわ!とばかりに本当のママの元に帰って行きました笑

湖?池?に囲まれてるリーズ城だけに、周辺は色々な水鳥でいっぱい。


すると、ヤクザ面した白鳥が近付いてきて、
5


メンチ切られた・・・
6

更に私のスカートやバッグなどを狙ってつついてきたうえに、手を噛まれて痛い!白鳥、全然優雅やない!


早朝のリーズ城。
7

まだ曇っていましたが、リトルウィッチアカデミアが大好きな私たち夫婦には、ダイアナのお家!!キャベンディッシュ家!!そのまんま!!と、大コーフン。さすがに門の中には10時以降しか入れないよと門番のおじちゃんに言われましたが、このおじちゃん実はめっちゃ親切。

キャベンディッシュ家の聖地をドローンで空撮してみたかったので、とりあえず下見に来てみたのですが、広大な芝生があって、撮影ポイントには苦労しなさそうなことが判明。とりあえず一旦お宿に戻ってお天気の回復を待つことに。晴れ女いるからダイジョーブ。


帰る途中には、別の水鳥のモフモフが!たまらん!
8


モフ連れでいっぱい行進してきたーーーー!
9

ここは水鳥ーず達と好きなだけ戯れることができて、動物好きにはたまりませぬ。みんな可愛い〜!(ヤクザもまあちょっとは可愛い)そしてあちこちに自然に抜けたダウンが落ちていて、かき集めたら一着ぐらいジャケットが作れるのではと笑

お部屋に戻って夫は仕事をしたり、私はお化粧をしたりして過ごしていたら、すっかり空が晴れたようなので再び外出!


青空に映えるリーズ城〜!
10

さっきの下見ポイントに向かおうとすると、


前方でヤクザが待機しているではないか・・・
11

通行手形は持ってるんだろうな?ああん?みたいなヤクザな白鳥が寄ってきて、こわいのなんの。白鳥恐ろしい。。。


そしてドローンを飛ばすの巻。
12

ものすごく安定した飛行と、撮影した動画の安定感にびっくらぽん!映画かテレビみたいな動画が撮れてて感動的でしたが、データは夫が持ってるので何もUPできなくてすみません汗。


せっかくなのでお城の内部も見学。豪華。
14

B&B宿泊者は入場料などもかからず、とってもお得。

リトルウィッチアカデミアは、1話でいきなりグラストンベリーのTorや修道院跡が出てきたりしてビックリしたアニメなのですが、出てくる魔法学校もイギリスっぽかったり、イートン校が出てきたりと、リーズ城以外にもイギリスがいっぱい。イギリス好きの方には超オススメのアニメです!


こちらがリトルウィッチに出てくるシーンなのですが、角度的にドローンでないと見れない感じ。
40


地上から見るとこんな感じで、でも建物の形や雰囲気はキャベンディッシュ家そのまま!
13


キャベンディッシュ家の正面はこんな感じで、
41


リーズ城はこんな感じ。
15

そのまますぎて感動〜!超聖地や〜!

ひとしきりリーズ城観光を楽しんだら、朝食を食べたキャッスルビューレストランに行き、キャッスルクリームティーを楽しみにしていたのですが、まさかのスコーン売り切れでNOOOOOO!


仕方ないので、フィッシュ&チップスをがっつり食べてイェイ!
16

イギリスで食べたフィッシュ&チップスの中で一番美味しかったーー。背後に写ってるのは夫オーダーのノウティーサンデー。いたずらサンデーとだけあって、その甘さが脳天を突き刺す感じ。でも暑かったからアイスがおいしい!


満腹になったら、車で20分ぐらい離れたところにあるセインズベリーへ。
17

地元のヨーカドー以上に入り浸っている気がしますが笑、リーズ城はB&BもパブリックスペースもWi-Fiの電波が弱すぎて使い物にならず、画像をクラウドにあげたりすることができないので、セインズベリーカフェのWi-Fiを頼りにやってきました。さすがはセインズベリー、サクサク進む!ありがたい!

リーズ城は現地のSIMも電波が弱くて使えず、ネットがほぼ使いものにならないのが最大の難点かなと・・・。


セインズベリーカフェでは、クリームティー用のクロテッドクリーム(小)がこんな値段で売っててヒャーーーーー!
18

60ペンスって100円しない感じ?何このお手頃感!日本で同じの買うと300円近くするというのにーー!


クリームティー自体もお茶まで付いて£2.60ぐらいなので、超リーズナブル。
19

しかも美味しくて幸せ。毎日通いたいセインズベリー。


クロテッドクリームタワー。
20

このとき全部食べたわけではなく、お宿で食べる用のクロテッドクリームを買っておきました。店内のクロテッド売り場にはもっと大きなサイズしかなかったので、お宿で食べるには小2個でちょうどよいかなと🎵


ホロホロのスコーンと、たっぷりのジャム、マイベストクロテッドのRodda's。これを主食にしたいレベル。
21

車でお宿に戻り、駐車場までののどかーな道を走っていると、


野うさぎさんがいたあああああああ!
22

湖水にはいなかった野うさぎさんが!ついに!やっぱり夜になると出てくるのね!小さくて可愛い子が3人いて、きっとモプシー・フロプシー・カトンテールに違いない笑!


日没迫る美しきリーズ城を拝めるのも宿泊者の特権。
23

この日は20:00にキャッスルビューレストランのディナーを予約してあったので、


お城を眺めながら、おいしいディナーをいただきました🎵
24

3食お城を眺めながらの食事で、この日は心ゆくまでリーズ城を満喫!しかもディナーのお料理もおいしくてシビれるの巻。ランチのフィッシュ&チップスなど、カジュアルなランチのお料理とはまた違ったメニューで、ディナーはもうちょっとお洒落で凝ったお料理が出てくる感じでした。どっちも美味。

食後、もう一度ドローンを飛ばしにテケテケ歩いていくと、もうクローズしたはずなのに、門番のおじちゃんが写真撮っていいよと声かけてくれてありがたや〜!


おじちゃんのおかげで夕日に照らされたリーズ城を収めることができました!
25

右側の建物も宿泊可能で本当はそこに泊まりたかったのですが、今回は空きがなく。次回は絶対あっちに泊まりたーい!おじちゃん色々解説してくれて、その宿泊棟の方がお城より古い、リーズ城は来年で900年、お城にも泊まれてエルトン・ジョンはあの部屋に£500で泊まった・・などなど。エルトンにしたら、£500って500円ぐらいじゃろか?

VIPはお城にも泊まれていいなーと思いつつ、幽霊出そうだし、もし機会があっても遠慮したいかなとか思ってしまうチキン野郎です笑。今回、寝台列車で見てしまっただけにちょっとね・・。怖いっていうか、ビックリするのと寝不足になるのがイヤ。


夕暮れ時のドローン君。
27

君は優秀やね〜。ちなみに操縦は夫、管理も夫、私見てるだけ笑


お部屋への帰り道、お城の前を通ると、既に門は閉められていました。
28

ランプのあかりが灯ると、中世にタイムスリップした感が沸いてきます。かっこいい!

この後はお部屋に戻ってリラックスタイムになったわけなのですが、この日のセインズベリーの戦利品を少々ご紹介。


ヨークシャーティーの新作3種類。
30

ストロングな朝食用、ビスケット味のおやつ用、ハーブブレンド&ディカフェの寝る前用の3種類が新発売になったようで、ヨークシャーティーラブ子としてはこれは買わずにはいられない!まだどれも飲んでないけど楽しみすぎる!ストロングって、普通のレッドラベルより濃いのかな??


紅茶で有名なクリッパーのインスタントコーヒーも面白いなと思って買ってみた。
31

オーガニックなインスタントコーヒー。面白そう。

イギリスのお宿に泊まると、絶対にティー&コーヒーと湯沸かしポットがあって、今いる学校の質素な寮でさえもそれだけはバッチリ揃っているほどなので、こっちに来てからインスタントコーヒーも飲むようになったのですが、お手軽でおいしくて結構いいなと。帰国してからもこのブームは続きそう。ムフ。

それでは今は修行中につき、現地レポの続きはいつになるかちょっと分かりませんが、お次はグラストンベリーのレポになる予定です。ではではまた!