1

こんばんは。今日はなぜ今年もイギリスに、なぜこの学校に来たのかということが明確に分かる体験をしました!こんな体験は初めてのことで驚きと興奮でいっぱい。まだもうちょっと授業は続きますが、自分がここに来た意味が分かったので、元気に日本に帰れそうです!

さて、現地レポの続きはグラストンベリー二日目。かれこれ一週間も前のことになってしまいましたが、一応現地(イギリス)からのレポ=現地レポということで・・笑

グラストンベリー二日目は、早起きをして早朝の聖ミカエルの塔(TOR)に登ることにしました。朝から運動だなんて日本ではありえない、超健康的!



お気に入りのお宿は、チャリスウェルやTorの入り口まで徒歩圏内。

緑いっぱいののどかな小道を歩いてTorの入り口を目指します。
2

が、Torの入り口までずっと坂道なので、距離は短いとはいえ息切れ必須。しかも、前日とは反対側の正攻法ルートで登頂するので、頂上まで延々ずっと坂道を登ることに。思ったより全然キツかった!!


羊ちゃん「あ、人間きよった」
4

大丈夫、人間ゼィゼィしてて羊ちゃん構う余裕無いから・・・


はあああ!これは野うさぎさんの糞!!
5

ツヤがあって乾いていないまだフレッシュなもの。でも姿は見えない!ちょっと遅かったかーー!早朝なら会えると思ったんだけどなぁ。(うさぎが愛おしすぎて糞まで愛おしい)


逆光ですが、それゆえに神々しくも見えるミカエル様の塔。
6


ゆるやかな丘のカーブ、朝日と羊。とても神秘的でお気に入りの1枚。
7


塔から見る向こう側の世界は、どう見ても異世界。
8

グラストンベリーが聖地のアニメ「リトルウィッチアカデミア」の1話に出てきたこのシーンとそっくりですよね!
no title

アニメでは異世界ではなく、ここが魔法学校への入り口なのですが🎵


去年原宿でやってたコラボカフェは、入り口にドーンをグラストンベリートアそっくりな絵が飾られていて大コーフンだった思い出が。
50

グラストンベリーに行ってから観たので、こんな景色が1話からわんさか出てきて超ビックリしたアニメ。偶然にも先に聖地巡礼してしまっていたけれど、あまりにも素晴らしい場所なのでその後も訪れているわけなのですが、やっぱり移住したいーーー。セインズベリーで生活したいーー。(そこ)

こうして早朝のTorに登ったら、この日は片道3時間のドライブで、セント・マイケルズ・マウント(聖ミカエルの山)に行くことにしました。グラストンベリーのあるサマセット州からは、デヴォン州を通り抜けて、最果てのコーンウォール州までのドライブです。コーンウォールといえば、Rodda'sの本拠地!クリームティーが美味しい場所!

ドライブの途中に立ち寄ったガソリンスタンド併設のお店では、

こんな素晴らしいものが売っててウホ!
9

ストロベリー&クリームのクリームがクロテッドクリーム!しかもデヴォン産のレアなクロテッド!


甘酸っぱいイチゴに、濃厚なクロテッドの組み合わせがマッチ。
10

このクロテッドは前回も食べたことがあるのですが、Rodda'sに比べるとチーズっぽい味がして、私は断然Rodda's教。おいしかったけど、Rodda'sのクロテッドだったらもっとおいしかっただろうな、むしろダブルクリームでもおいしかったかもと思ったりするクリームには異常にこだわる変人です笑。でも、ドライブのお供にこんなフルーティーなおやつがあるなんて嬉しい🎵(いつもポテチ笑)


果てしなく続く丘陵地帯〜
11

日本人的には、イギリスはどこを見ても美しい景色だなあ、これだけ農地があれば乳製品もそりゃ安いよなあと思うのですが、イギリス人にはこれが普通の景色なのですかね?


3時間ドライブの末に、聖ミカエル島に到着!
12

イギリスに来ると、雲が何かメッセージをくれることがよくあるのですが(電波発言)、このときは龍のお顔が島に向かって現れてました!はっきりと見えますね!

ここはイギリスのモンサンミッシェルと言われている場所で、干潮のときだけ遊歩道を歩いて渡れる神秘的な島なのですが、英語でもセントマイケルズマウント=フランス語のモンサンミッシェルということで、どちらも同じく聖ミカエル様の島という意味。フランスのモンサンミッシェルに行ったことがないので比較はできませんが、イギリスの島にはお宿などはないので、フランスよりもだいぶこじんまりしているのではないかと思われます。


早速歩いて渡る〜
13


って、え??ここ車も通れるの!?
14

もちろん関係車両のみだと思いますが、この細い石畳を・・?と、ビックリ。ついでにこの1時間後にこの石畳は水没するので笑、このときが車が通れるチャンスだったのかも。


島に上陸したら、早速キャッスルへ。
15

去年はクローズしていて入れず、下から眺めて憧れていたキャッスル。それにしても曇り空の影響で、去年よりだいぶブキーミな雰囲気が漂っているような・・・。

そしてキャッスルまでの道のりが想像以上にキツイ!ゴツい石の階段を登り続け、朝もグラストンベリーで軽く登山してきた夫婦はヘトヘトです。


最後の最後がまたキツイのよ!
16

これも修行や、修行。


でも、たどり着いたキャッスルからの眺めは最高!
17

あの本土に続く細い道が、このあと30分ぐらいで見えなくなるのだから潮の満ち引きって本当に神秘的ですよね。


中の教会には、とても神聖な空気が。
18

ここもイギリス有数のパワースポットというか、ストーンヘンジとグラストンベリーとここは確かレイラインで繋がっていたはずなので、意識してませんでしたが、私たちはレイラインを辿って旅していたようです。

膝ガクガクで下山をしたら、前回はクローズしていて入れなかった島内のカフェで一休み。


このお店でクリームティーしてみたかったのよ!
19


スコーンは大きくてゴツゴツした素朴系。
20

こういうのも大好き!ハンドメイド感溢れるスコーンでとってもおいしかったのですが、このコーニッシュのクロテッドクリームはチーズっぽくてあまり好みではないんですよね。。同じコーニッシュでもRodda'sとは全く違うお味です。

この島の観光スポットは、キャッスルとガーデンのみで、それぞれに入場料が必要。両方の入場券を購入したので、お次はガーデンに入って広々とした芝生の上で楽しんでいると、


あああああ!
21


道が消えてるーー!!!
22

最後に渡った人は膝まで海水に浸かっていたので、今から渡って本土に戻るのはもう無理。HPで時間はチェックしてはいたものの、周りの人々がのんびりしていたので、満潮になるまで時間かかるのかな?とか都合よく解釈していたら、全くそんなことはなく笑

よく分からないけど、まあボートで帰れるんだろうと割り切って、


お庭を楽しむことにしました!芝生が気持ちいーー!
23


晴れてきてキャッスルも不気味じゃなくなってきたし!
24

次第に風が強くなってモーレツに寒くなってきたので、


今度はもう一軒ある別のカフェでお茶することにしました。
25


同じクリームティーでも、スコーンが全然違っていたのが両方食べる決め手に!
26

最初のお店のゴツゴツ系スコーンとは全く違った、形状と焼き色の美しいお上品なスコーン。それぞれ美味でしたが、こちらの方がしっとり感があってより好み。ティーカップのカラーもキュート! でもさすがにもう粉物はしばらく入らないわ・・。


帰りはこんな感じの小型ボートに一人2ポンドで乗って帰ることができました。
27

21:00頃まで待てば、また潮が引いて歩いて帰れるようでしたが笑、寒くて死んでしまうのでボートでサクっと帰還。


行きに歩いた道が完全に消えている〜!
28

消えているどころか、さっき歩いたはずの道の上をボートが通過してたのだから変な気分。地球の神秘。

ボートを降りたら、可愛らしい海辺の町マラジオンを散策。


去年もいたこの子たち、今年も健在でした。
29

そりゃ海辺の町だけどなぜに鯉のぼり・・。


めっちゃオススメなお店、PHILPS!
30

コーンウォール名物のパスティ(パイにお肉やポテトなどの具を詰めたお手軽フード)のお店なのですが、他にもレアなコーンウォール産のものをたくさん売っている地元愛溢れるお店です。

店先に看板が出ているコーニッシュコーヒーも、なかなか飲めるお店が見当たらない系のレアコーヒーで、これの紅茶版を前回お土産に買っていったところ、姉がヨークシャーティーよりもおいしいと気に入り、今回ここでまた買うことができました。


パスティのポーチ可愛いなと思ったら、ぬいぐるみだった件。
31

ポーチなら使えると思ったけど、ぬいぐるみは・・・。レキオに見つかったら1日で中の綿を出されてしまう予感しかしない・・・笑


Rodda'sのショートブレッドとファッジ缶、イギリスで売ってるの初めて見た!
32

日本だとデメララベーカリーで売ってることがありますが、お値段的には半額以下でしょうか?お得!


お店のスコーンとRodda'sのクロテッドクリームを詰め合わせたパックが気になって気になって気になって気になって・・・。
33

さっきあんなにスコーン食べてなければ迷わず買っていましたが、粉はしばらく無理・・。でもここまで好みでおいしそうなスコーンにはそうそう出会えないので、買わなかったことをめっちゃ後悔してます。


前回気に入ったレストランにも立ち寄り。
34

ここからの眺めは本当に素晴らしくて、海の中に遊歩道がうっすら見えてるのがとても素敵なんですよね。


コーニッシュオーチャードのドリンクを飲めるのも魅力的。
51

めっちゃおいしいノンアルスパークリング。ラズベリー味が濃くてとっても美味。コーンウォールはおいしいものの宝庫なり〜。

ここでスープを飲んで温まったら、グラストンベリーに向けて3時間ドライブに出発。私は途中落ちてましたが、頑張って運転してくれた夫に感謝。ありがと!


戻ってきた、グラストンベリーのセインズベリー!
36

セインズベリーに行かない日はないのではというぐらいセインズベリーしてますが、この日は夕食と翌朝の朝食の食材の買い出しに来ました。最終日はちょっとお部屋でのんびりしたいので、ひきこもりの準備とも言う笑


中身よりもフレッド君に惹かれる〜!
37


戦利品の1ポンド冷凍ビーフカレー。
38

1ポンドって安すぎないか?と、夫はカートに入れていた白米を棚に戻しに行きました笑

お宿に戻ったら、早速夕食の準備に取り掛かります。といっても、


夫の牛フィレステーキを焼くだけの簡単なお仕事。
39
こんなに大きな牛フィレ肉がたったの5ポンドなんて、日本ではありえないのでウッホウッホ購入。


照り焼きソースでからめた牛フィレステーキと、チンしただけのカレー。
40

どちらもおいしいとのことで、夫大満足の巻。チンするだけのカレーは1ポンドにしてはおいしくてやばい。お手軽すぎ。


お楽しみのデザートは、アップルパイ!
41

このタイプの皮のアップルパイは日本ではあまりお目にかかれないレアもの。


フィリングもとろーりいい感じ。
42

これをチンして温めたら、


ダブルクリームを添えてイタダキマス。
43

ほっぺた落っこちたーーーー!おいしすぎ!サクサクの皮は小麦粉とバターの風味たっぷり、適度な甘さのりんごフィリングもおいしくて、これは超好みのタイプのアップルパイ!ダブルクリームの濃厚さとも超マッチ。おいしすぎて、チェックアウトまでにほとんど一人で食べてしまいました笑

こうして目一杯楽しんだグラストンベリー2日目が終了。これだけ動いてたらそりゃよく眠れますよね。毎日快眠でした!

それではまた〜!グッドナイト。