th_IMG_1460

こんばんは、いとこです。心の赴くままにイギリスのティールームレポを書き続け、まだまだレポしたいお店はたくさんあるのですが、ここらでちょっと休憩しようかなということで、今日はロシア旅行のことを書きたいと思います。

アニメ「ユーリon ICE」の聖地巡礼がきっかけで初めてロシアに行ったのが2017年のこと。初ロシア、特にサンクトペテルブルクがとても素晴らしいところだったので、その後2回ほど一人旅でも訪れたわけなのですが、一人旅でとっても快適だったオススメのホテルがあり。

リーズナブルなのに立地抜群、お部屋素敵、静か、清潔と素晴らしいことばかり。こじんまりとしたお部屋にシャンデリアが輝いていたことが理由で、ツイッターや現地レポで「姫ホテル」と呼んでいたのがゴールデントライアングルホテルです。



初のサンクト一人旅は2017年10月のこと。急に行きたくなってアエロフロートの公式サイトで航空券を衝動買いし、あとはホテル予約してロシア大使館にビザ申請に行くだけ!地理関係が分かっていると、ホテル選びもある程度エリアを絞ってリサーチできるのでちょっと強い。Golden Triangle Hotelは立地と口コミと予算で選んだのですが、やっぱり口コミが良いところはハズレがないですね♪

お値段はハイシーズンはちょっと高めになっていて、2017年10月と2018年6月とでは結構差があり、

2017年10月 スタンダードダブル 1泊7400RUB(日本円で約12500円)
2018年6月 スタンダードシングル 1泊12600RUB(日本円で約21300円)

6月はホテルで最も狭いシングルでも強気価格。でも白夜の観光シーズン、どこのホテルも強気価格だったので、これでも安い方なのでした。

今日はお高かった2018年6月スタンダードシングルのお部屋をレポしてみたいと思います。

サンクト観光の中心、ネフスキー大通り。
th_IMG_1450


ホテルはネフスキーから1本入ったこちらの通りにエントランスがあり。
th_IMG_1454


気をつけて見ていないと通り過ぎてしまう地味なエントランスです。
th_IMG_1455

成田からアエロフロートでモスクワ乗り継ぎでサンクトに行った場合、到着するのは夜。ホテルのチェックインは24時までとのことなので、飛行機が遅れたりしたらちょっと怖いかも。このときは23:30ぐらいでギリでした。

こじんまりしたレセプションがあり、スタッフは英語OK。安心。


エレベーターもあるので、スーツケース運ぶのも自力でOK。
th_IMG_1686

ただ、見たことないぐらい小さなエレベーターなので、スーツケース、キャリー、自分が乗ったらあとはもう何も乗らない感じ(笑)二人の場合は別々になるかも。


吹き抜けの階段が素敵な姫ホテル。
th_IMG_1685

エレベーターも階段も他のホテル?等と共用になっていて、エレベーターの画像に写っているドアを開けると、


このような客室に続く廊下となっています。
th_IMG_1687

最初のとき、反対側のドアを開けてしまったら違うレジデンスだったようで焦りました(笑)


お部屋のドアを開けると、中は思ったより広かった!
th_IMG_1458

公式サイトのシングルはベッドはめっちゃ小さくて、あれ夜中に落ちるんじゃないだろうかとちょっと心配だったので、なぜだか広くて嬉しい。もしかしたらアップグレードだったのか、広めのシングルがあるのかはよくわかりません。でも10月に泊まったダブルよりは狭いし、タオルも一人分だったのでやっぱりシングルなのかも。


ちょっと狭めでも、シャンデリアがある姫ホテル。
th_IMG_1474


ベッドはやっぱりダブル。
th_IMG_1460


お布団もフカフカで、よく眠れる幸せなベッド。
th_IMG_1463


ナイトスタンドにキラキラチャームが付いてたり、いちいち乙女心をくすぐる!
th_IMG_1480


脇のデスクも使い勝手がよく、PCいじる〜そのままベッドにゴローンが可能。
th_IMG_1461

最高のダメ人間製造配置。


冷蔵庫があるのもポイント大。
th_IMG_1467

外は夏みたいに暑い日が続いたので、買ってきたドリンクを冷やせるのはありがたく。


スリッパがあるのも嬉しい〜。
th_IMG_1468


バスルームは清潔感いっぱい。
th_IMG_1470

左にチラっと写ってますが、バスローブも用意されていて至れり尽くせり。


バスタブはありませんが、シャワーブースはゆったりサイズ。
th_IMG_1471

ただ、帰国の朝だったかな、お湯がでなくなったことが一度だけありました(笑)海外あるあるですかね。


一番の問題だったのはこれ。
th_IMG_8893

ダイキンのエアコンなのに、ロシア語表記が何書いてあるのかわからなくて、毎日あちこち色々押してみてもほぼ動かなかったエアコン。暑かった。。。

あとは現地レポに書いたとおり、遮光カーテンがなくて眩しくて眠れなかったという思い出があるのですが、あれは私が眠りに関して神経質だからというのも大きいのかなと思います。


一人で過ごすには十分な広さだったシングルルーム(たぶん)
th_IMG_1464


窓からの眺めもサンクトっぽい建物ビューで好き。
th_IMG_1483


カザン大聖堂も歩いてすぐ!
th_IMG_1690

こじんまりとしたホテルなので、さっきの階段を降ればすぐに表に出ることができて、これは本当に楽チン、どこへ行くにも便利でした。エアコンは私がロシア語を読めれば済むことだし、遮光カーテンは神経質でなければ大丈夫だと思うので、ほぼ全てにおいてパーフェクト!本当に快適でオススメな姫ホテルです♪

ちなみに予約は公式サイトから。予約画面に行くと、なぜか希望価格を入力する欄があり、入力するとその価格で予約できる可能性○パーセントみたいな表示がでます。え、値切りできるの???

試しにやってみたら2017年10月のときは希望価格でOK、2018年6月のときはちょっとそれは安すぎ、でもこの価格ならいいよーというメールがきて、結局ディスカウントしてもらえました(笑)これは是非やってみる価値ありかと!

それからロシアと言えばビザ。ロシア大使館にビザ申請に行くときに必要な書類も、ホテル予約後に公式サイトのVISA SUPPORTで申し込めば(要手数料)、その場でダウンロード可能。印刷して、ロシア大使館のサイトにある書類と一緒に大使館に申請に行けば、自力で簡単にビザを取ることができました。

Golden Triangle Hotel
Nevskiy Ave., 22-24 | entrance from Bolshaya Konyushennaya, 12, St. Petersburg 191186, Russia
トリップアドバイザー
公式サイト



お次は、大好きな姫ホテルの朝食BUFFETレポをお送りします。