th_IMG_9098

こんにちは、いとこです。今日は手作りケーキのレポを書いてみたいと思います。

グレーテルのかまどレシピでスコーン作りのレポでレポしたスコーン作りから始まり、またちょっとお菓子作りをしたい気持ちが少しずつわいてきているのですが、ブランクありすぎてまだ手の込んだお菓子を作る気力まではなく^^;

でも、素朴なイギリス菓子なら作れる&イギリス菓子を食べたいということで、久しぶりにビクトリアケーキを作ってみることにしました。ついでに別の日にスコーンも!



イギリスに行くと、あちこちで目にするビクトリアケーキ(ビクトリアスポンジ)。パウンドケーキのようなどっしり感のあるケーキに、イチゴジャムとクリームをサンドした素朴なケーキなのですが、この組み合わせがスコーン並みにおいくて。


土台のケーキはパウンドケーキの要領なので、短時間で作れるのが魅力。
th_IMG_9105


焼き上がり。
th_IMG_9104

しばし冷ましたら半分にスライスして、間にジャムとクリームをサンドして出来上がりなのですが、今回はそのままケーキをラップで包んで保存。食べるときにクリーム&ジャムを挟んでみることにしました。


一人分に切り分けて半分にスライスして、ジャムを塗って、
th_IMG_9113


生クリームを投下。
th_IMG_9114


仕上げに粉砂糖をフリフリしたら出来上がり。
th_IMG_9098

ホールのままサンドして冷蔵庫で保存すると、クリームも硬くなってしまうのですが、食べるときにサンドすれば生クリームのふんわり感そのままなのが嬉しくて。


めちゃ簡単。
th_IMG_9122

このスタイルだと、イチゴジャム以外のジャムやマーマレード、あんこなどを気分でサンドして食べられるのも魅力的。ケーキはもうちょっと膨らみが足りなくて腕が落ちたなと思いましたが、また今度頑張る!おいしかった!

ちなみにレシピはこれまでと同様に、ティータイムのイギリス菓子を参考にさせていただきました。バイブル!



また別の日。

今度はスコーンを作る!
th_IMG_8887

グレーテルのかまどレシピで作ったスコーンがとてもおいしかったので、今後もこのレシピを活用していこうと思ってはいるのですが、前から気になっていたイギリス人のレシピをどうしても試してみたくて。

Mary Berry's scones

こちらのレシピも卵が入っているので、きっと私好みになるハズ!


卵とミルクをミックスして作った液体を最後に混ぜ込んで行くスタイル。
th_IMG_8888


焼き上がり。
th_IMG_8893

まあまあかな?もうちょっと膨らませたかった!


紅茶、クロテッドクリーム&イチゴジャムを用意して、クリームティーの準備が整いました♪
th_IMG_9100


割ってみると、外はサックリ、中はほんわり。
th_IMG_9101


実食!
th_IMG_9102

外はザックリ、中はほんわり、とても好みの食感!家で作ったスコーンとしてはかなりおいしい部類に入るのですが、グレーテルのかまどレシピのスコーンがおいしすぎてちょっとかすんでしまった感じ。かまどレシピはヨーグルトの酸味がバターミルクっぽくて絶妙なんですよね。

やっぱりかまどレシピがマイベストだと思いつつ、一度試してみたかった英国レシピのスコーンも試せて大満足。やっぱりイギリス菓子はおいしい!

↓1日1クリックお願いします☺️

↓読みたい
↓デメララのスコーンが楽天で買える!