th_IMG_3272

こんばんは、いとこです。

かなり久しぶりになりますが、過去のイギリス旅行で魅力的だったティールームetcを今更だけど詳しくレポしたい!シリーズ第13回をお送りしたいと思います。今回は、ロンドン市内の観光名所「ロンドン塔」の敷地内にある「New Armouries Cafe」のレポをお送りします。こちらは観光のついでに訪れることができるカジュアルなカフェ。歩き疲れたときの休憩にピッタリのカフェのスコーンがとてもおいしくて、観光地のカフェなのにさすがのクォリティ!



2017年6月のこのときは、ロンドン塔に行くこともロンドン滞在の大きな目的の一つだったので、ロンドン塔まで歩いて行けるホテルに泊まってワクワク。


朝から張り切って歩いてロンドン塔を目指します!暑かった!!
th_IMG_3170


入場券を買って中に入ると、ここがかつて城塞だったということを実感。
th_IMG_3220

宮殿、城塞、処刑場など、様々な役割を果たしてきたロンドン塔。血塗られた歴史がある場所だけに、煌びやかな宮殿とは違う、どこか薄暗く不気味な雰囲気を感じずにはいられません。幽霊の噂が絶えない場所というのもなんとなく分かる気配を感じましたが、このときは特に幽霊を見たりということはなく、時々背筋を凍らせながら日本語のオーディオガイドを聴きつつじっくりほぼ全ての場所を観て回りました。(その後、寝台列車で幽霊を見たからイギリスやっぱり出る笑)


カラスも独特の雰囲気を醸し出している要因の一つ。
th_IMG_3261

その昔、ロンドン塔のワタリガラスを殺すとロンドンが滅びるという占い師の予言があったとか、アーサー王が魔法でワタリガラスに変えられたから殺してはいけないなど、諸説あって現在もここで飼育されているのだそうな。


幽閉後に行方不明となっていた幼い二人の王子の遺骨が200年後に発見されたホワイトタワー。
th_IMG_3224


内部には武具が展示されていますが、
th_IMG_3298


どこまでも薄暗い雰囲気。。
th_IMG_3309

混み合っている日中でも背筋が凍りそう。


王妃アン・ブーリンや王族が処刑された場所にはメモリアルが建てられています。
th_IMG_3266

冤罪で処刑されたアン・ブーリンの幽霊の話は有名ですね。。

こんな感じでオーディオガイドを聴きながらロンドン塔を歩いて回ると、疲れてティーブレイクが必要になってくるわけなのですが、


あの建物にカフェがあることを下調べ済み!
th_IMG_3267

武器庫を改装して作られたというカフェ・レストラン。


カフェの前に魅惑の看板を発見。
th_IMG_3295

早くもスコーンの誘惑!世界遺産でクリームティーが楽しめるなんてさすがイギリス〜!


吸い込まれるように館内へ。
th_IMG_3296


かなり広々としたカフェテリア方式のお店では、観光シーズンとあって大にぎわい。
th_IMG_3294

ハイシーズンのランチタイムは席の確保もちょっと大変。周りはランチを食べている人が多いようでしたが、まだ朝食を食べてからそれほど時間が経っていなかったのと、お目当てはスコーンなので笑、デザート的コーナーにまっしぐら。


そこにはウットリするようなショーケースが!
th_IMG_3269


なんですか、このおいしそうなスコーンはーーー!
th_IMG_3271

中に何かのクリームがたっぷりサンドされている系のスコーンの他に、


こんがり焼き色が食欲をそそる、自分でジャム&クリームを塗るタイプのスコーンが。
th_IMG_3273

世界遺産内のカフェで、スコーンが二種類も選べるとは・・!これがイギリス・・!


スコーンwithバターと書かれているので、あのクリームはバターなのかな?
th_IMG_3270

ジャムやクロテッドクリームは別料金。それにしてもロダスのクロテッドクリームが£0.85(108円ぐらい)で買えるなんて夢のよう。


お供のジャムは、定番のTiptreeのストロベリー。
th_IMG_3274

二種類のスコーンに目移りしつつ、


他のケーキにも吸い寄せられ。
th_IMG_3276


王冠の飾りがついたレッドベルベットケーキが美しい。
th_IMG_3277

王冠や宝石など、イギリス王室の至宝が展示されているロイヤル・クラウンもこの敷地内にあるからこその飾り付けなのでしょうか!?ロイヤルな雰囲気のレッドベルベットケーキ〜!


自分で選べる紅茶は、TWININGSが種類豊富に揃えられ。
th_IMG_3278


ハーブティーも充実。
th_IMG_3279

カジュアルなカフェテリアでさえ紅茶が充実しているんですね〜。

好きなものを選んでトレイに乗せたらレジでお支払いをしてテーブルへ。


迷った末に結局選べず、スコーンは二種類いただくことになりました笑。
th_IMG_3280

大も小も兼ねる!(イミフ)


まずは予めクリームがサンドされたスコーンから。
th_IMG_3282

大きめのスコーンからはみ出すほどクリームがサンドされたスコーン。中のクリームはクロテッドクリームよりも軽めの食感で、ホイップバターのような軽やかさ!クロテッドクリームで味わうスコーンとは一味違う、ここでしか食べられない独特の味わいでおいしい!この写真では見えませんが、ちゃんとジャムも一緒にサンドされているので甘さもバッチリ。


お上品な膨らみが魅力のノーマルなスコーン。
th_IMG_3283


こちらにはストロベリージャムと、Rodda'sのクロテッドクリームをたっぷりで。
th_IMG_9302

げ、激ウマ!!ホロっと崩れる食感のスコーンと、甘いジャム、濃厚なクロテッドクリームが黄金の組み合わせで、やっぱり私はこのスタイルが一番好き。3つ揃うとなぜこんなにもおいしくなるのか!?スコーンの魅力おそろしい!


もちろんお供には暑くてもミルクティーを♪
th_IMG_3286

トワイニングのイングリッシュブレックファーストティーにミルクを注いでクリームティーを満喫。スコーンはどちらにしようか迷ってしまいますが、予めクリームがサンドされたスコーンは他ではあまり見かけないから食べておきたいし、普通のスコーンもおいしいしで、できれば両方並べて食べ比べするのがオススメかもしれません。


紅茶を飲んだら暑くなってしまったので、アイスクリームも追加購入。
th_IMG_3287


窓からホワイトタワーを眺めながらのティータイムは、イギリスにいるんだ気分でいっぱい。
th_IMG_3289

入場料を払わないと来られないのが悲しくなりそうな、魅力いっぱいのカフェでした。胃袋がもう一つあれば、レッドベルベットケーキも食べたかったーー!


ティーブレイクの後は、再びオーディオガイドを聴きながらロンドン塔を観光。
th_IMG_3323

拷問器具など、おどろおどろしい展示も隅々まで見学していきました涙。


晴れていても、どこか薄暗さを感じさせるロンドン塔。
th_IMG_3329


テムズ川とタワーブリッジの風景も楽しめて一石二鳥!
th_IMG_3221

クリームティーも合わせたら一石三鳥ぐらいありそうな充実のロンドン塔観光なのでした。

カフェのお値段はちょっぴり高めかなとも思いましたが、観光地のカフェでこのクォリティなら大満足。ロンドン塔に行ったときは、休憩がてらおいしいスコーンでクリームティーを楽しむのもオススメです♪

↓1日1クリックお願いします☺️

New Armouries Cafe
Tower of London, London, EC3N 4AB
公式サイト
※ロンドン塔の入場券が必要です


↓買いました