th_IMG_2133

こんにちは、いとこです。

かなり久しぶりになりましたが、<過去のイギリス旅行で魅力的だったティールームetcを今更だけど詳しくレポしたい!>シリーズをお送りしたいと思います。過去のシリーズには番号が振ってあり、最後の記事は第17回となっていますが、ここから当分の間、思い出振り返り系の今更レポになると思うので、番号を振るのはもうやめようと思います笑

今回レポするのは、2018年6月に訪れた湖水地方のホテルでのクリームティー。ピーターラビットの著者、ビアトリクス・ポターが暮らしたヒルトップ農場で有名なニア・ソーリー村にある、その名もSawrey House Hotelのレストラン。ヒルトップの駐車場のすぐお隣なので、観光ついでにおいしいスコーンとお茶で一息つけるありがたいお店です😊



現地レポとかぶる部分もありますが、お店についてもっと詳しくレポしていきたいと思います。

宿泊していたお宿からは、ウィンダミア湖を挟んで対岸に位置するニアソーリー村。緑豊かな湖水地方の景色を眺めながらレンタカーを走らせます。


対向車が来たらどうしようかハラハラのスリルドライブもあり。

th_IMG_7835


ヒルトップ農場の駐車場のお隣に、こんな誘惑が!

th_IMG_7836

クリームティー£5.45の文字に釘付けになる、前世はスコーンだった私。(謎)

景色も素晴らしいと書いてあるし、何よりこの緑のアーチをくぐった先においしいクリームティーと素晴らしい眺望があるのかと思うと、行ってみたい衝動に駆られますよね・・!


あのお屋敷の中でクリームティーをいただけるなんてワクワクします♪

th_IMG_7837

ヒルトップや、ピーターラビットの聖地巡りをしたあとの休憩にもピッタリのロケーション。


6月の湖水地方は緑がとっても美しく、周辺はイギリスらしい田園風景がどこまでも広がり。

th_IMG_2101 のコピー

今にもピーターがぴょんぴょん出てきそうな景色😆

th_IMG_2102


私と夫のお気に入りの場所も、ソーリーハウスホテルのすぐ近くにあります。

th_IMG_2099

現地レポに書いたとおり、大好きなアニメ「人類は衰退しました」のOPに出てくる場所にそっくりなのです😆とりあえずここに来たらあれを踊る笑

絶対ここが聖地!!

a9f76935

その名の通り、アニメは人類が衰退した後の世界のお話なのですが、湖水地方をモデルにした可愛らしい町とシュールなお話がとにかくツボ。人類が衰退するなんて、あの頃は架空のお話だと思って観ていましたが、最近はそうなってもおかしくはないと思ってしまう不安なこの現状。。


ソーリーハウスから徒歩30分ぐらいのところには、こんなタルン(湖)も。

th_IMG_2124

ゆるやかな山道の先にある小さな湖は、まるで秘密の場所みたい。ちょうど小雨が降り出してきたこともあって、何かが出てきそうな(何)妙に雰囲気のある湖でした。

話が脱線しましたが、


こんな魅力的なニアソーリーでクリームティーを楽しめるソーリーハウス。

th_IMG_7840


ちょうど雨が降ってきたせいで、幽霊屋敷のような写りになってしまいましたが笑、

th_IMG_7839


2016年6月に訪れたときは、もうちょっと明るい雰囲気でした。

th_2016-07-24 17.05.39

このときは時間が遅すぎて、もうスコーンがないとのことでクリームティーできなかったんですよね😢2年後、いよいよリベンジのときが訪れました!館内に入ったら、ランチやクリームティーをいただけるThe Brasserieへ。


手書きのアイスクリームメニュー。なんだかよく分からん笑

th_IMG_2128 のコピー


ランチメニューも充実していたので、ヒルトップ観光時のお昼休憩にも良さそう。

th_IMG_2127


プチハイキングで喉カラカラ、冷たいお水がおいしい〜

th_IMG_7842

夫は氷入りのコーラで一息。

th_IMG_2129

ヨーロッパに行くと、日本やアメリカみたいに氷いっぱいが当たり前ではないんだなと思う場面によく遭遇しますが、暑がり的にはちょっとツライ笑

そして、私はお目当てのクリームティーをオーダーしたのですが、運ばれてきたスコーンを見てビックリ。


ドーーン

th_IMG_2133

お、大きい!!


お皿が小さいわけではなく、スコーンが巨大なのです!!

th_IMG_2132


ティーカップと同じぐらいの大きさ・・?

th_IMG_7845

ロンドンのお洒落アフタヌーンティーのお上品系スコーン3つ分ぐらいの大きさかも。田舎のスコーンは大き目サイズが多かったりしますが、これはその中でもかなり大き目の部類なのではないかと!


ジャムとクロテッドクリームの入れ物が小人サイズに見えてくる笑

th_IMG_7843


はぁ〜、この素朴なぬくもりを感じさせるホームメイド感、ウットリです😆

th_IMG_7844


ジャムとクロテッドクリームは少なめ。

th_IMG_7846

お味の感想は現地レポに「白っぽい粉がたまらなくツボで、これだけ大きいと中まで火を通すのは難しいのか、真ん中がちょっぴり生焼けだったのだけが残念でしたが、とっても美味しくて大好きなタイプのスコーン。ただ、お代わりをお願いしないと、ジャムもクロテッドクリームも全然足りません笑」との記録が。やっぱり足りなかったらしい笑。(白っぽい粉とは一体・・笑)

コーンウォールやデヴォンなど、イギリス南部のクロテッドクリームの産地では山盛りがスタンダードですが、北部に行けば行くほどクロテッドクリームが少量だったりバターが添えられていたり、イギリスでも地域によって違いがあるのがまた興味深いところ。エディンバラで食べたスコーンは冷たかったのも地域によるものなのか、スコーンへの興味は尽きません😊


こんな景色を眺められる、ソーリーハウスホテル癒しのティータイム。

th_IMG_7841


パソコン出てますが笑、明るく可愛らしい雰囲気のダイニングでした。

th_IMG_7856

ファミリーでの滞在が多いのか、キッズが元気にお庭を走り回っている姿も見えてほっこり。クリームティーのほかに、豪華なアフタヌーンティーもあるので、お腹を空かせて行くのもよいかもしれません。(ハイシーズンは遅く行くと売り切れているかも)

最近、レニー・ゼルウィガーがビアトリクス・ポターを演じた映画、ミス・ポター を観たのですが、この映画を観てからニアソーリーやヒルトップ農場に行ったら、もっと色々楽しめて、胸にしみるものも多かっただろうなぁと。実写版ピーターラビットとあわせて、行く前に観ておきたい映画の一つです😆



↓1日1クリックお願いします☺️


▪️Sawrey House Hotel

Near Sawrey
Ambleside
LA22 0LF

公式サイト