th_IMG_5322

こんにちは、いとこです。<過去のイギリス旅行で魅力的だったティールームetcを今更だけど詳しくレポしたい!>シリーズをお送りしたいと思います。今回は、2017年7月のイギリス旅行の際に宿泊したHilton London Eustonのお部屋レポをお送りしたいと思います。

夫が先に帰国した後、1泊だけロンドンに泊まる必要があったので、用事がある場所にアクセスしやすそうなユーストン駅近くのヒルトンに泊まることにしました。お部屋も事前にマップを見ながら指定できて、静かで涼しくて快適で、また機会があればぜひ泊まりたいホテルです!


↓ご登録いただけたら嬉しいです




ギラギラの太陽が照りつけ、ものすごく暑かった6月のロンドン。

th_IMG_5340


ヒースロー空港で夫を見送った後、Uberに乗ってホテルへ。

th_IMG_1042

凄まじい渋滞にハマり、ユーストンが遠い遠い。このとき泣きながら「母親が死んで悲しい、会いたくて仕方ない」と話していたUberの運転手さん。ミディアムシップの学校の名前をメモに書いてきましたが、彼はその後どうなったのだろう。セッションやデモンストレーションに参加する機会があって、あの悲しみが癒されていますように🙏


ヒルトンユーストンに到着。

th_IMG_5341

↑エントランスから数段の階段がスーツケース大を引きずってるときは地味にキツイ。ドアマン不在😭

最近は利用していないので今も健在なのか分かりませんが、ヒルトンは公式サイトから予約すると、事前にアプリでチェックイン&部屋指定できるという便利機能があり。エクスペディアなどの予約サイトの方がちょっと安かったりもしましたが、フロアマップを見ながら部屋指定できるというのは、音に敏感、静かな部屋希望の私にはとても魅力的だったので、あえて公式サイトから予約。


こんな感じのマップから指定可能な部屋を選ぶのですが、該当ルーム無しの3階は真っ白。

th_IMG_1045


4階のフロアマップ。青文字の部屋から選択OK。

th_IMG_1043

明らかに角部屋の青丸印がいいなと思ったものの、通りに面しているので騒音が気になるところ。眺望より静けさ希望なので、赤丸印の方がいいかも。中庭ビューなら静かだし、隣は階段か何かなので実質角部屋。

ただ、4階は喫煙だったので、


2階の同じロケーションの部屋を指定してチェックイン。

th_IMG_1047

自分で場所を選べる安心感っていいですね!!

チェックイン手続きは済ませてあるので、当日はフロントに寄ってパスポート見せてすぐルームキーを受け取れて、とてもスピーディー。


ちなみにロビーは少々工事中でした。

th_IMG_5309

建物は古いけれど、客室はリノベーション済み。


事前に指定しておいた222号室は、ドアを開けるとこんな感じ。

IMG_1050

おおお、想像以上に広い!予約してきたのは<キングデラックス>という部屋カテゴリだったのですが、今公式サイトを見ても同じ名前の部屋カテゴリが見当たらず↓



ちょっと広めのお部屋なので、なんとなく<ファミリーゲストルーム>が当時のキングデラックスに該当するような気がしますが、定かではありません。


爆睡した記憶のベッド。

th_IMG_5311


コーヒーテーブルとソファ、

th_IMG_5312


デスクもあり、一人で泊まるには十分過ぎる広さです。

th_IMG_5313

なんと言ってもエアコン付きというのが最大の魅力!外はテリヤキチキンになるような暑さでも、お部屋は涼しくて快適って幸せ!屋内に入ったら涼しいのが当たり前の日本人にとって、エアコンが無いお店やホテルが普通にあるイギリスの夏は結構キツかったので、エアコンはとてもありがたい存在です。

確か、ユーストン駅近くでエアコン付きのホテルのバスタブ付きのお部屋を探してここにしたと思うのですが、全てにおいて希望通り!(トリップアドバイザーなどを参考にした結果、このホテルもお部屋によってはシャワールームのみのようなので、バスタブがありそうなちょっと高めの部屋を予約してみました)


しかも、サービスのお水を予め冷やしておいてくれているとは!!

th_IMG_5324


よく冷えたお水も冷蔵庫も嬉しい!

th_IMG_5326

エアコン、バスタブ、冷蔵庫。ロンドンでこの3つが揃うホテルはそこそこお値段する印象ですが、暑い夏はちょっと高くてもこの快適さを選んだ方がいいなと、翌年、予算削減で全部無しのホテルに泊まったら盛大に体調を崩して実感しました笑。若くないからそういうの大事。


氷も冷やせるし、万全の冷却体制。

th_IMG_5325


ミニバーには紅茶とコーヒーが山盛り。

th_IMG_5323

写っていませんが、もちろん湯沸しポットもあり。お部屋で好きなだけ紅茶が飲めました♪


オーディオについているドックコネクタが古くて、iPhoneの充電には使えず。

th_IMG_5330


デスクにはコンセントも豊富。

th_IMG_5329


ゆったりめのクローゼット。

th_IMG_5332


窓からの景色は向かいの部屋ビューですが、ロンドンのこういう景色結構好き。

th_IMG_5334

外からの騒音もなく、周囲のお部屋からの騒音もなく、とても静かな滞在でした。


デスク脇にバスルームへの入り口が。

th_IMG_5314


中は真っ白でどこもピカピカ。気持ちがいい!

th_IMG_5315


広めのシャワーブースには、高さ調節できるハンドシャワーが。

th_IMG_5318


さらにゆったりサイズのバスタブもあって、移動の疲れも癒される〜〜。

th_IMG_5316


バスタブにもハンドシャワーがあって、かゆいところに手が届く。

th_IMG_5317

ちなみにこの日は、午前中にグラストンベリーのお宿をチェックアウト→ヒースロー空港までドライブ&レンタカー返却→Uberでヒルトンへという結構な移動距離だったので、かなりお疲れ。チェックインしたのが18時近かったので、近場のスーパーに買い物に行ったら、あとはずっとひきこもり。涼しいお部屋とゆったりお風呂が嬉しかった〜。


バスローブもあって至れり尽くせり。

th_IMG_5320


バスアメニティは使っていないので使い心地は不明。

th_IMG_5321

Peter Thomas Rothというスキンケアブランドのようですが、


ピータートーマスという名前を見ると、あの映画の宿敵2人が浮かんでしまう↓

8


公開延期になってる続編が楽しみ↓




バスルーム側から見たベッドルーム。

th_IMG_5322

静かで涼しくて快適なお部屋でしっかり体調を整えて、翌日から一週間の寮生活&修行も無事にこなすことができました。またこのエリアに泊まるときは、真っ先にこのヒルトンのお値段をチェックすると思います。


良い思い出しかないヒルトンユーストンでした✨

hilton

↓お楽しみいただけましたら・・1クリックお願いします☺️



▪️Hilton London Euston
17-18 Upper Woburn Pl, Bloomsbury, London WC1H 0HT
公式サイト
エクスペディア