th_IMG_5127

お久しぶりです、いとこです。簡単に投稿できるインスタがメインになってしまい、気付けばブログがまた廃墟と化していましたが、もしたまにブログも見てくださっている方がいらっしゃれば嬉しいです。

いざブログを書こう!となると、画像のリサイズをしたり文章を書いたりで結構時間がかかってしまううえに、どうしても一人壁打ちテニス感を感じてしまうのですが、インスタではいいねやコメントですぐに反応をいただけたり、イギリス好きの方と交流もできるので、気付いたらほぼインスタに移行してしまっていました💦ちなみにもっと簡単に投稿できるTwitterではよりアホなことを書いているので閲覧注意かもです笑

コロナで外出を控えるようになってから、おうち時間を楽しむべく始めた自分専用おうちティールーム化計画。アンティークの家具や食器を集めたり、スコーン作りの練習をしたりしながら、少しずつそれっぽくなってきたかなあと感じている今日この頃。イギリスに行けない分、ちょっとでも自宅でイギリス気分を味わえたらと、日々イギリスにいる気分でおうちティールームを楽しむのだ!

ということで、今日は久しぶりにおうちティールームのレポをお送りしたいと思います。

※コメント欄はしばらく閉じるので、ご感想などはTwitterまたはInstagramによろしくお願いします🙏


↓ご登録いただけたら嬉しいです




数日前、急に冷え込んで寒くなった日。バターがでろでろ溶けてこないのはお菓子作りにもってこい&熱々の紅茶と焼きたてのお菓子があれば温まるし一石二鳥!と作り始めたベイクウェルタルト。イングランドにあるベイクウェル村発祥の伝統菓子とのことで、本場で食べたことはないものの、ずっとレシピ本に載ってるおいしそうなベイクウェルが気になっていたのでした。


ショートクラストペストリーの底にラズベリージャムを塗るのがおいしそうだな〜と。

th_IMG_5048

ちなみにネットでレシピを検索すると、ベイクウェルプディングとベイクウェルタルトとあり、ベイクウェルタルトはベイクウェルプディングの一種だそう。私が今回焼いたのは、配合的にもタルトに近いような気がしたので、ベイクウェルタルトと呼ぶことにしました。(適当)


初めて焼いたベイクウェルをバーレイのブルーウィローの食器で楽しむの巻。

th_IMG_5064

大きめのパイ皿で焼くタイプと、小さな個別型で焼くタイプ、どちらも選べなかったので両方作ってみた欲張りです笑。ミニサイズのタルトの上にアイシングをかけたベイクウェルに憧れていた!

そして翌日。残ってるベイクウェルがあればテーブルも華やかになるかな〜と、スコーンを焼いてアフタヌーンティーをすることにしました。(ただしサンドイッチは無い)


オーブンでスコーンを焼いている間に、せっせとテーブルをセット。

th_IMG_5105

基本的にバーレイのティーセットしか持っていませんが、この日はお天気が良く、窓から明るい光が差し込んでいたので、淡いピンク色が可愛らしく見えそう💕ということで、ピンクのアジアティックフェザンツを中心に並べてみました。

クリーム&ジャム、紅茶も用意して、あとはスタンドの上段に焼きたてのスコーンを並べるだけ!


スコーンが焼き上がりました〜。

th_IMG_5099

イギリスの田舎ティールームで出てきそうな素朴な焼き上がりのスコーンに、粉砂糖をフリフリするのが最近のお気に入り。三越英国展で手に入れたドーヴスファームのイギリス産小麦粉を使って作ると、色も食感も限りなくイギリスのスコーンに近付けて魔法のよう✨


焼きたてスコーンを並べたら、おうちティールームの開店です。

th_IMG_5127


上段にはスコーン、下段にはベイクウェル。

th_IMG_5131

ホテルスコーンのようなシュッとした形ではなく、それぞれ違う形の素朴スコーン。なぜかバーレイにはこんな感じのスコーンが似合う気がするんですよね。


周りはザクっと、中はホロっとした食感のスコーンがおいしいおいしいと自画自賛。

th_IMG_5140

色々試しすぎて大スランプに陥っていたスコーン作りですが、ここ最近やっと初心を取り戻しておいしく作れるようになってきました。ドーヴスファームの小麦粉パワーもかなりあると思うのですが😆

小麦粉の販売元や、スコーンのお手本についてはインスタに詳しく書きました↓

この投稿をInstagramで見る

最近スコーン作りのラビリンスに迷い込んで大スランプに陥っていましたが、すこーんサイトさん( @scone.site.uk )のフルーツスコーンの作り方をYouTubeで見ながら作ったら、過去最高のスコーンを作ることができてスランプ脱却!!こんな感じの膨らみと焼き色の素朴なスコーンに憧れていたので、自分で作れたことがすごく嬉しい😆さらばスランプ〜! ※ ドーヴスファームの小麦粉( @rurale.co.jp )を使ったのも大きくて、フワフワで真っ白な日本の小麦粉とは違う、サラサラで灰色がかったイギリスの小麦粉の魅力が炸裂✨焼き上がったスコーンもどこか灰色がかった色をしていて、食感はザクホロ。イギリスで食べるスコーンの風味と食感😆 ※ #スコーン #スコーン作り #スコーン部 #イギリス菓子 #英国菓子 #イギリス #ドーヴスファーム #dovesfarm #dovesfarmflour #お菓子作り #イギリス好き #イギリス旅行 #アフタヌーンティー #スイーツ #スイーツ好きな人と繋がりたい #スイーツ作り #スイーツ部 #手作りお菓子 #おうちカフェ #製菓 #scones #homebaking #scone #粉物 #手作りケーキ #手作りパン #バーレイ #イギリス製 #スイーツグラム #bakinglove

いとこ🇯🇵(@itokoscone)がシェアした投稿 -


以前はイギリス旅行の自分用お土産に小麦粉をえっさおっさ運んできていましたが、まさか国内でこんなにおいしいイギリス産小麦粉が手に入るなんて!やっぱりどっしりとしたイギリス菓子を作るには、日本のきめ細かいフワフワの小麦粉よりも、灰色がかったサラサラのイギリスの小麦粉がマッチするのでしょうね。

ちなみに紅茶は大抵ヨークシャーティーです。紅茶について詳しくないというのもあるのですが、自分のキャパ的に、スコーンを焼いてテーブルを用意するだけでいっぱいいっぱいなので、お湯を注ぐだけのティーバッグが無理なくおうちアフタヌーンティーを楽しめる最適な紅茶なんだと思ってます。紅茶にまでこだわったおうちティールームになる日は来るのだろうか😅でもヨークシャーティーおいしくて大好き!

↓ご参考になりましたら・・1クリックお願いします☺️