th_IMG_6125

こんばんは、いとこです。美瑛旅行記〜スプウン谷のザワザワ村〜2号棟お部屋編に続き、ザワザワ村の夕食編をお送りします。

絵本の世界へ入ってしまったような気分になれるスプウン谷のザワザワ村。1棟貸しのコテージという隔離された世界で過ごす一夜は特別な思い出になること間違いナシなのですが、さらに素晴らしかったのがザワザワ村のごはん!この空間にいられるだけでも幸せだというのに、とびきりおいしいお料理がこれまた絵本のような可愛い食器でサーブされるのだからもう最高でした😆


↓ご登録いただけたら嬉しいです







こちらの続きです↓








宿泊料金は1泊朝食付きのお値段なので朝食が最初から付いていますが、夕食は1人3900円の予約制。1分1秒でも長くザワザワ村の滞在を楽しみたかったいとこ夫婦、外に食べに行くなんてもったいない!と、もちろん宿泊予約時に夕食もあわせて予約しておきました。

詳しくは公式サイトに案内があります↓



何もかもが手作りのザワザワ村だけあって、食事も野菜作りから手がけているそう。150日育んだ村のサンマルツァーノをじっくり煮込む・・・、文字を見ただけで涙が出そうになります😭


レセプションの黒板に書かれていた夕食のメニュー。

th_IMG_6061

日によってちょっと変わるのか、チェックイン時にこの中から何品か選んでくださいと渡された用紙とはちょっと内容が違ったような気がしますが、肉嫌い(私)と魚嫌い(夫)が一緒という面倒な夫婦でも選択肢がたくさんあってありがたい。

てっきり夕食はダイニング的なところでいただくのだと勝手に思い込んでいたのですが、そのような場所はなく、お部屋まで運んできていただけるそうでビックリ!いまのご時世だと、密を気にせずコテージでゆっくり食事できるは嬉しい限り😊


ということで、18:00になるとお部屋に夕食が運ばれてきました。

th_IMG_6116

まずはアラカルトで選んだ前菜とスープとパンが運ばれてきて、ザワザワ村の世界に溶け込んだ食器と盛り付けにウキャ〜!


切り株の可愛さに身悶えてます。

th_IMG_7632

家庭的なぬくもりを感じさせる素朴なお料理は、見ただけで心までポカポカ。


目がさめるほどおいしかった、とうもろこしのポタージュスープ。

th_IMG_6113

え?なんでこんなにおいしいの?とうもろこしってコーンとは違うんだっけ?と、一瞬思考回路がショートしてしまったほど、私の知っているコーンスープとは違っていた!とうもろこしってこんなに味が濃くて甘いんですね・・!スープストックから作られているからこそのおいしさだったのかも。


ゴロゴロ野菜のラタトゥイユも、ガーリックソテーにしたブロッコリーもおいしい!

th_IMG_6122

野菜がおいしいとこうも違うのか!?と、感激しきり。特別な食材を使わなくても野菜がご馳走になっていて、今まで食べたどんな野菜料理よりもおいしかった😆


ソーセージとじゃがいものハーブロースト。

th_IMG_6115

ホクホクのじゃがいもがご馳走〜!


しいたけの香草パン粉焼きも絶品。

th_IMG_6128

しいたけからジュワっと溢れる旨味と肉厚な食感が忘れられない〜!

前菜、主菜、パスタ、デザートと、それぞれ程よい頃合いに運んできていただけるので、途中で冷めてしまうということもなく、次々においしいお料理を楽しめるのが嬉しくて。


夫が選んだ主菜、美瑛豚のローストポークと、知床鶏のトマト煮込み。

th_IMG_7636

ジューシーでおいしいおいしいとご満悦。

アラカルト選択時になかったので、この日はパスタはないんだなと思っていたら、


日替わりパスタ=選ぶ必要ナシのようで、運ばれてきて嬉しかった💕

th_IMG_6131

パンもあるので、パスタも食べたらかなりのボリュームです。野菜中心メニューでもかなり満たされる〜!

パスタから手作りというこのトマトソースのパスタが最高においしくて、こんなにモチモチのパスタは今まで食べたことがありません😆トマトの酸味と甘みとモチモチパスタ、シンプルなのに絶品!何もかもが夢のようにおいしかった〜〜

幸せに酔いしれていると、


デザートにクレームブリュレが!

th_IMG_6145

デザートまであるなんて!しかも手作り!自分でゴリゴリ挽いた豆で淹れたコーヒーと共にいただいたら、ブリュレまで極上でほっぺた落ちる!


外はパリっと、中はとろーり。

th_IMG_6146

きっと新鮮でおいしい卵や乳を使っているからこそのおいしさなのでしょうね。最後まで幸せすぎるディナーでした😍


料理は畑からはじまっているもんだ。

基本的に塩以外、へんなもの、いらないものは使いません。自分たちの農場野菜と、顔のみえる仲間から分けてもらうモノ、川さんちのびえい豚。安心だけじゃなくて、田舎モンが食べてもおいしいモノばかり。手しごと大好きなみんなでおもてなししています。

夕食を楽しんでからホームページに載っているこの文章を読むと、本当に愛情たっぷり、手間暇かけて作られたお料理だったんだなあとしみじみ。大地の恵みをありがたく堪能させていだきました!

野菜好きにはもちろん、野菜が好きではない人ももしかしたらここのお料理ならいつもとは違う感想になるのではないか!?と思ってしまうほど、最高においしかったザワザワ村のお料理。食を食べるためにまた行きたくなってしまうほど魅力的でした。泊まるときは夕食付きが断然オススメです〜!

朝食編に続きます。

↓続きを楽しみにしていただける方は・・1クリックお願いします☺️



スプウン谷のザワザワ村
〒071-0216 北海道上川郡美瑛町大村大久保協生
公式サイト